01.jpg

超能力戰士隊的劇情該接在K'隊之前才是,
所以還沒有看過K'隊劇情的人,請從這邊開始吧。




超能力戰士隊
 

  ケンスウは見た。
見てはならないものを見た気がした。

しかし、見てしまった以上、口を閉ざしているわけにはいかない。大袈裟ないい方だが、それが自分の使命だと、ケンスウはそう思った。

拳崇看到了。

也察覺自己看到了不該看到的東西。

然而看到之後,又不能當作什麼事都沒發生。說得誇張一點,拳崇認為那是上天賦予自己的使命。

 

◆◇◆◇◆

 

──お師匠様が浮気!?
 ケンスウが突拍子もないことを口にするのを聞いて、麻宮アテナは慌ててパオの耳を両手でふさいだ。他人の浮気の話だとしても、まだ幼いパオにはあまりいい影響をあたえないだろうに、ましてやそれが、パオにとっては親代わりともいうべき師匠の話となれば、おいそれと少年の耳に入れるわけにはいかない。
 アテナは眉間にしわを寄せ、ケンスウを睨んだ。
「ケンスウ、いきなりなんてこといい出すの! お師匠さまが、その──う、浮気してるだなんて──
「おねえちゃん、何の話してるの? ぜんぜん聞こえなーい!」
「ちょっと、ももちゃん、タッチ」
「ほーい」

──師父移情別戀!?」

從拳崇嘴裡聽到這令人意外的事,麻宮雅典娜慌不迭地趕忙用雙手將包的耳朵摀住。移情別戀這種話,對尚還年幼的包來說不會有什麼好影響,
更不用說所講的對象是對包而言猶如親父般的師父,這種話可不能讓少年給聽到了。
 雅典娜皺起眉頭瞪著拳崇。
「拳崇,一時間在說什麼啊! 說什麼師父,那個──嗯,移情別戀什麼的──
「姐姐,你在講什麼啊? 我完全聽不到!」
「等一下、小桃,換手。」
「好。」

 

 修行の合間の休息のひととき、涼やかな影が落ちた竹林には、アテナたちしかない。くだんの老拳士はどこへ行ったのか、先ほどから姿が見えなかった。
 パオの耳をふさぐ役回りを桃子にバトンタッチしたアテナは、大きな岩の上であぐらをかいていたケンスウに詰め寄り、低い声で問いただした。
「冗談でもいっていいことといけないことがあるわよ、ケンスウ!」
 彼らの師匠チン・ゲンサイには、それこそ数十年の苦楽をともにした糟糠の妻がいる。アテナたちも、実の祖母のように慕っているやさしい人である。そして、しばしばアテナたちが赤面することもあるくらいに、彼らの夫婦仲はいい。何しろチンは、臆面もなく、「世界一の美女といえばウチのばあさんじゃな」というようなことをいうくらいなのである。

在修行的休息空檔間,竹林涼爽的蔭涼處就只有雅典娜他們。而老拳士則不知上哪兒去了,從剛才起就不見身影。
 將摀住包耳朵的任務交給桃子後,靠到在大岩石上盤腿而坐的拳崇身旁,悄聲問道。
「這可不是能拿來說笑的事情喔,拳崇!」
 他們的師父鎮元齋,有著一位數十年來與其苦樂以共的糟糠之妻。對雅典娜他們來說,是猶如真正的祖母一般尊敬著的慈祥的人。也時常在雅典娜他們面前露出嬌羞的神色,這也代表著他們夫妻兩人的感情非常好。不管怎麼說,鎮也常會臉不紅氣不喘地說著,「全世界第一的美女莫過於我家的老太婆了。」這樣的話。

 

 そのチンが、よりにもよって浮気などと、にわかに信じられるはずがない。
「ちゃうて! 冗談やあらへんがな!」
 ケンスウはアテナに身を寄せてそっとささやいた。
「ワイ、見てしもたんや!」
「何をよ?」
「せやから、お師匠さんの浮気の──まあ、現場っちゅうワケやないけど、とにかくそれに近いモンをや!」
「どういうことなの? もう少し詳しく聞かせて」
「せやな……あれはきのうの晩のことやった──

說那樣的鎮會移情別戀云云,實在是無法置信的事情。
「不過! 我並不是在開玩笑!」
 拳崇挪近身子對雅典娜低聲說道。
「我,親眼看到了!」
「看到什麼?」
「說起來,師傅的那個外遇的──總之,雖然不是抓姦在床,不過也跟那個相去不遠就是了!」
「到底是怎麼回事? 再稍微說詳細一點。」
「也就是說……那是昨天晚上的事──

 

◆◇◆◇◆

 

 夜も更けた頃、ケンスウはこっそり寝床から抜け出した。
 隣の寝台では、パオがく~すか気持ちよさげに眠っている。少年の眠りが深いことを確認し、そっと部屋をあとにした。
「いたたたた──
 寺の裏手の冷たい井戸水を汲み上げ、タオルを濡らして頭に載せる。夜になってもずきずきとうずく頭の痛みが、すうっと引いていくような気がした。
「ふーっ……しかしまいるで、ほんま」
 井戸の縁に寄りかかり、ケンスウは嘆息した。
「最近のお師匠さんは厳しすぎるわ。これじゃ大会が始まる前にバテてまうやろ」

午夜夢迴,拳崇悄悄地從床上爬起身來。

隔壁床上,包發出酣聲,睡得正香甜。確認了少年是在熟睡中之後,拳崇躡手躡腳地溜出房間。
「好痛痛痛──
 汲起在寺院後頭的冷冽井水,沾濕了毛巾戴到頭上。直到晚上仍不斷抽痛著的頭疼,感覺似乎也稍稍地獲得了舒緩。
「呼……不過還真的是,動真格的啊。」
 身子靠在水井邊,拳崇嘆氣道。
「最近的師父實在是太嚴厲了。這樣看來在直到大會開始前都會持續這樣的特訓吧。

 

 次のキング・オブ・ファイターズを目標に、ケンスウたちはこの古寺で合宿を張っていた。きょうでもう1週間ほどになる。修行には慣れているとはいえ、最近はそれにも熱が入り、生傷やこぶが絶えない日が続いていた。
──?」
 ケンスウが月を見上げてぐったりしていると、どこからか人の声が聞こえてきた。
……今のはお師匠さんの声とちゃうか?」
 ケンスウはタオルを首に引っかけ、声のするほうに向かった。
 満月の光が竹林の中に青い影を落とし、心地よい夜風が細い葉をさわさわと揺らす。そのかすかな風の音に混じって、確かに老人の声がしたような気がした。
──おっ?」

以即將到來的「King Of Fighters」為目標,拳崇一行人在這間古寺中展開了集訓。雖說原本已經習慣修行的日子,最近則是更加地投入,持續著每天全身大小傷痂不斷的日子。
──?」
 在拳崇有氣無力地抬頭看著月色的時候,聽到了不知從哪傳來的人聲。
……剛剛那個,不是師父的聲音嗎?」
 拳崇將毛巾掛在脖子上,尋著發出聲音的地方走去。
 滿月的月光在竹林中投射中靛藍的倒影,涼爽的夜風吹拂,細細的葉子隨風搖曳,發出唦唦地聲響。混雜在微弱的風聲中,確實能聽得到老人的聲音。
──喔?」

 

 竹林の中の開けたところに大きな丸い岩があって、その上にあぐらをかいて座る老人のシルエットがあった。ケンスウたちの師──チン・ゲンサイである。
 酒好きのチンが夜中に寝床を抜け出し、月下独酌と洒落込むのは、そう珍しいことではない。しかし、今宵は少し様子が違った。いつもなら瓢箪の酒をあおっているはずのチンが、瓢箪の代わりに携帯電話を片手に楽しげにおしゃべりをしているのである。
「何や? いったい誰と話しとるんや、お師匠さん?」
 物陰に身をひそめたまま、ケンスウは師匠の声に耳を澄ませた。
──じゃからな、お嬢ちゃん、そこをどうにか──な? な? ワシの一生のお願いじゃよ!」
……はぁ?」

在竹林裡的一片開闊地中,有著一塊巨大的圓形岩石,可見老人在上頭盤膝而坐的黑色輪廓。在那的正是拳崇他們的師父──鎮元齋。
 嗜酒如命的鎮在夜晚偷溜出被窩,在月色下自斟自飲放縱一下,並不是什麼新鮮事。不過,今晚似乎有些不同。總是拿著酒葫蘆暢飲的鎮,此時卻是單手拿著手機,正愉快地聊著天。
「怎麼回事? 師父到底是在跟誰說話啊?」
 藏身在隱蔽處,師父的說話聲傳進拳崇的耳裡。
──那麼就這樣吧,小姑娘,拜託妳了──好吧?好吧?這是老朽一生一世的請求唷!」
……哈?」

 

「そうじゃのう、もしワシのお願いを聞いてくれるんじゃったら、今度オシャレなかふぇ~でおいしいモンをご馳走してやるぞい」
……何やそら?」
 もれ聞こえてくる会話を聞くかぎり、どうもチンの電話の相手はかなり若い女性、それも、一度ならず会ったことのある相手らしい。
 チン・ゲンサイという老人は、中国拳法の達人には違いないのだが、かといって堅苦しいところのない、飄としたユーモアのある老人である。しかし、だからといって、深夜に女性のところへ電話をかけるような人間でもなかったはずだ。
「まさかお師匠さん──
 ひとつの可能性に突き当たり、ケンスウは顔色を変えた。
「ちょっ……! マズいで、ホンマ! こりゃあアテナたちに相談せんと!」

「對啊,只要妳肯願意答應老杇的要求,

老朽就會請妳吃令人垂涎欲滴~ 且美味無比的東西喔。」
……在說些什麼啊?」
 從所能聽到的對話中推測,鎮用手機交談的對象是一名年輕女性,而且似乎並非是只有一面之緣的人。
 名為鎮元齋的這位老人,除了毫無疑問是中國拳法的高手之外,並不是個正經八百、死死板板的人;而是一位風流倜儻且幽默風趣的老人。
 不過,正因為如此,更加不可能會是個在深夜中與女性通電話的人才是。
「難道說師父──
 心中只能想到一種可能性,拳崇不禁臉色大變。
「等等…… 不妙,很不妙! 這可得去跟雅典娜他們商量一下才行!」

 

◆◇◆◇◆

 

──とまあ、こういうワケなんや」
 ケンスウの説明を聞いても、アテナの眉間に引かれたしわは消えなかった。
「お師匠様が浮気してるって、根拠はそれだけなの?」
「ほんならアテナは、お師匠さんがどこぞのギャルとケータイで楽しげにおしゃべりするまっとうな理由が、ほかに何かあるっちゅうんか?」
「それは──
「はいはーい! ももちゃんいいこと考えましたー!」
 ケンスウとアテナが渋い表情で額を突き合わせているところへ、桃子が元気よく手を挙げて割り込んできた。

聽完拳崇的說明後,雅典娜仍依舊眉頭深鎖。
「說師父移情別戀的證據,就只有這些嗎?」
「那不然、雅典娜覺得師父跟不知打哪來的女孩聊天聊得那麼愉快,還可能有什麼其他的理由嗎?」
「這個嘛──
「有有! 小桃想到一個好方法了!」
 當拳崇和雅典娜扶著額頭一臉苦惱的時候,桃子精力充沛地舉手插話道。

 

「お師匠さんのケータイチェックすればいいと思いまーす!」
「そらまあ、確かにそれが一番手っ取り早いねんけど──
「あ、あのね、ももちゃん、お師匠様にもプライバシーってものが……って、あら? パオくんはどうしたの、ももちゃん?」
「あー、忘れてた」
 悪びれずに笑う桃子。さっきまで桃子に耳をふさがれていたはずのパオの姿が、いつの間にか消えていた。
「パオくんは?」
「あそこにいるー」
「え?」

「我覺得只要檢查師父的手機就能夠真相大白了!」
「這個嘛,確實這樣做是可以最快得知結果啦──
「那、那個,小桃、師父也是有隱私的……咦?小包怎麼了,小桃?」
「啊,我忘了。」
 桃子露出瀾漫的笑容。剛剛明明還被桃子摀住耳朵的包,不知何時已不見蹤影。
「小包呢?」
「在那邊
「欵?」

 

 桃子の指差す方向をケンスウとアテナが見やると、向こうから歩いてくる老人に、パオが何ごとか尋ねているところだった。
「あ! お、お師匠様!?
「ちょ、パオ!? おまっ──お師匠さんに何話しとんねん!?
 ふたりが何を話しているのか、サイコソルジャーであるケンスウたちにも判らない。
しかし、チンとパオがふたり揃ってこちらを見やったことから察するに、ケンスウたち
のことを話しているのは間違いなかった。
──うおっほん」

拳崇和雅典娜朝桃子手指的方向望過去,看到老人正朝這邊走過來,而包似乎正向他詢問著什麼。
「啊! 師、師父!?」
「等等、包!? ──你在跟師父說些什麼啊!?」
 兩個人到底在說些什麼,身為超能力戰士的拳崇和雅典娜也完全不清楚。然而,從鎮和包兩人不時抬頭望向這邊看來,肯定是在談論著拳崇他們的事。
──嗯咳。」

 

 パオから何を聞かされたのか、チンは芝居がかった咳払いをすると、腰の後ろで手を組み、ケンスウたちのほうへとやってきた。
「何じゃ、ケンスウ、おぬし、ワシの交友関係に興味があるらしいのう?」
「きょ、興味というか──
「うん? ワシのケータイをチェックしたいと?」
「そ、それはその──
「まさかおぬし、ワシが浮気しとるなどと考えとるんじゃあるまいな?」
「とっ、とんでもない! まさかそないなこと考えるはずあれしまへんがな! ワイ、お師匠さんのこと信じてますよって!」

從包那聽到了些什麼,鎮故意乾咳了兩聲,背著手,朝拳崇他們這邊踱步過來。
「怎麼啦,拳崇,看樣子你似乎對老朽的交友情形很感興趣嘛?」
「感、感興趣什麼的──
「嗯? 想檢查老朽的手機嗎?」
「這、這個是那個──
「莫非你心裡正想著老朽是不是移情別戀了呢?」
「沒、沒有這樣的事! 那種事我連想都沒想過!我、我是絕對相信師父的!」

 

 慌てて否定するケンスウの横顔に、アテナと桃子の視線が音もなく突き刺さる。じくじくと噴き出す脂汗をぬぐうこともできず、ケンスウはしどろもどろになりながらも、懸命に反撃に転じようとした。
──せっ、せやけどあれですやん! おっ、お師匠さんが電話でどこぞの女の子とおしゃべりしとったんはホンマでっしゃろ!? 弟子に隠しごとなんて水臭いですやん!」
「別に隠れて電話しとったワケではないぞ? 単におぬしらの安眠を妨げんように気を遣っただけじゃ」
「だ、誰なんです、相手は?」

對慌慌張張、不斷否認的拳崇,雅典娜和桃子在一旁無言地盯著他的側臉。顧不得滿頭大汗,拳崇在腦袋陷入一片混亂的同時,仍拼命地想扭轉情勢。
──話、話說回來那個啊!師、師父在跟某個地方的女生聊天是真的吧!?暪著弟子偷偷摸摸地,實在是太見外啦!」
「老朽並沒有打算隱暪打電話的事喔? 只是單純不想打擾到你們安眠罷了。」
「對、對方是誰啊?」

 

 IMG_0822.JPG

 

「それはヒミツじゃ。ワシのが~るふれんど、とだけいっておこうかい」
「ガールフレンド!?
「うむ」
 白い髭を撫でつつ、チンはにんまりと笑った。
──ま、どうしてもと知りたいというなら、教えてやってもいいんじゃが」
「ほ、ホンマでっか?」
「ホンマもホンマじゃ。ただし、組み手でワシをまいったといわせることができたら、じゃがな。……何ならおぬしに紹介してやってもよいぞ?」
「おっしゃ! ほんなら今すぐ始めようやないですか! さっきの言葉、忘れんとってくださいよ?」
「ほっほっほ」

「那就是祕密了唷。老朽的女~朋友,可以這麼說吧。」
「女朋友!?」
「嗯哼。」
 一邊捋著白色鬍鬚,鎮一邊露出得意的笑容。
──總之呢,若你無論如何都想知道的話,告訴你也可以喔。」
「真、真的嗎?」
「真的真的。不過,你得先在對打練習中打敗老朽才行。……若你希望的話,介紹給你認識也行喔?」
「啊欵! 所以不是現在就立刻告訴我嗎!那我剛剛說的話,可不可以當作沒說過啊?」
「齁齁齁。」

 

 ケンスウは頬をはたいて気合を入れ直すと、チンとともに滝のほうへ向かった。足腰の鍛錬も兼ねて、組み手はいつも滝壺のそばの浅瀬でやることが多いのである。
 鼻息も荒く大股で歩いていくケンスウと、鼻歌混じりにスキップしていくチン、それにわけも判らず大はしゃぎでついていくパオを見送ったアテナは、桃子を見下ろして首をかしげた。
……ももちゃん、今の話どう思う?」
「さあ? ケンスウにいちゃんがうまくお師匠さんに乗せられたようにしか見えないけど。……ほ~んと、単純なんだよねー」

拳崇的表情重新回復專注,與鎮一同朝瀑布走去。為了能同時鍛鍊腰腿,
對打練習通常都是在瀑布底湖岸邊的淺灘進行。

喘著大氣、大跨步向前的拳崇,與邊哼著歌邊蹦來跳去的鎮,另外,正照看著一起跟了過來、還搞不太清楚狀況的包的雅典娜,邊低頭看著桃子、邊歪著頭問道。
……小桃,剛剛的話妳認為怎麼樣呢?」
「不知道耶? 我只看到拳崇哥哥完全被師父耍得團團轉而已。……實~在是,一個單純的傢伙吶

 

 どこからか取り出した肉まんをもぐもぐ食べながら、桃子は呑気に笑った。
「っていうことは、本当はお師匠様のガールフレンドの話はケンスウをその気にさせるための方便なのかしら?」
「案外、ホントに浮気してたりして~」
「ももちゃん!!
「いやん 冗談だってば」
「ほら、わたしたちも行くわよ!」
 師匠たちを追いかけて走り出すアテナと桃子。
 チンが語ったが~るふれんどの存在が事実だったと彼女たちが知るのは、今度のKOFが開催される直前のことだった。

邊拿出不知從哪變出來的肉包大口大口地吃著,桃子悠哉地笑了。
「說起來,關於女朋友的那番話,會不會其實是師父為了激勵拳崇所使出的激將法呢?」
「或許出乎意料之外地,是真的移情別戀了也說不定~」
「小桃!!」
「沒有啦開個玩笑罷了。」
「好啦,我們也過去吧!」
 雅典娜和桃子也一同跟上了師父他們。當她們得知鎮口中所謂的"女朋友"這件事是真的的時候,已是在KOF比賽開始前夕的事了。

 


─ END ─
 

 


, , , , , , , , , , , , , , , ,
創作者介紹

不良線條與色塊

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(4) 人氣()


留言列表 (4)

發表留言
  • 10
  • 超能力隊~~~~當初這隊的組合算是十分有趣的一隊~
    因為每隊的平均年齡都還算差不多~但超能力隊的年齡差距卻非常大~
    (99~01包加入後差距更大了~XD)

    三人當中~鎮師父算是人氣異常低~每年都有人希望他能缺席的角色~
    其遊戲性能來說要老鳥才能控制的偷襲系角色~阿修篇開始就缺席~
    沒想到又會復出的角色~[笑]

    雅典娜則是人氣高~每年都會換衣服的角色~現實世界還有專屬她的粉絲網站~
    拳崇算實用性高的角色~很常看到有人選~

    至於包跟桃子~雖然都是蠻有特色的角色~但人氣幾乎不如預期~日後會不會登場看現在snk變成這樣~感覺機率變更小~
  • 嗯,像鎮、陳、邱這種的,
    不管在身高外型長相招式各方面,
    都屬於極偏門的角色,老實說以大觀點來看,
    我覺得這些角色其實是非常重要、不可捨去的,
    因為他們的存在會保留了遊戲角色的多樣性(生物多樣性?)
    有點像保育類動物的感覺吧XD

    誠如久久以前SNK宣傳課人員所說,他們的存在會讓遊戲更有凹凸感。
    所謂繁花仍需綠葉襯託啊。

    不過老實說綠葉型角色我覺得胖胖跟爪爪更是重要就是XDD

    但我不懂這麼多代以來SNKP為什麼就不讓鎮威一次呢…
    每次鎮的角色性能都是倒數的實在是很悶吶

    包的人氣極低,正太策略完全失敗,
    不過因為在02UM中是強角,所以有些稍稍復活了。

    桃子人氣則是頗高,算角色塑造成功,
    不過卻是11裡面最弱的角色…(默)
    超能力隊真的是老弱婦孺隊啊,
    常常最弱角色從這邊找起比較快…

    karasless 於 2010/07/22 12:29 回覆

  • 10
  • [[~不過老實說綠葉型角色我覺得胖胖跟爪爪更是重要就是XDD]]

    嗯~某個程度來說~胖胖跟爪爪的破壞性和實用性來說比鎮還好用~
    我覺得鎮師父在kof人氣低落的原因除了性能外~另壹個原因有可能
    在以年輕人為市場的格鬥遊戲來說~老人家類型的角色要紅起來是很難的~
  • 我覺得這倒是跟老人家沒關係,
    像我覺得SF的元人氣應該也還蠻高的吧?
    剛拳該也算老頭?
    不過似乎老人角色一般來說,
    都不會是萬能型的,用法似乎都偏門得多,
    多是高技巧型角色,初學者用就是慘死。

    鎮的話果然還是要走特殊招式才有搞頭啊,
    像這次感覺就應該很有趣,
    鐵山靠COUNTER會爆血又彈牆,
    或走路中姿勢變怎樣時輸入某指令可以補血之類的,
    多一些會讓對手嚇一跳的招式我覺得才是鎮的路子啊^^

    karasless 於 2010/07/24 02:07 回覆

  • 皓哥哥
  • 哀~
    桃子在XI中我很愛用的說= =
    期待14有桃子吧= =
  • 喔喔~
    雖然喜歡她,不過11沒什麼跟人對戰過,
    只跟朋友打過而已,
    只稍微摸過知道她類似ANGEL而已,
    細節就不清楚了,
    如果還有機會出來的話,
    希望能讓她有A級的實力吧~

    角色強度也是會大大影響人氣的因素啊~

    karasless 於 2010/08/15 23:39 回覆

  • 10
  • 桃子~這角色是xi的弱角第一名~[台日評價皆一樣]~
    她雖然和安琪有一樣的攻擊模式類似~不過還是有差別的~
    她用的武術有卡波耶拉~[巴西的武術~據說發源自巴西的中下階層~
    是一種將舞蹈和肢體格鬥融合的武術~跟中國的功夫~日本的柔道一樣~
    卡波耶拉在巴西地位如同國技般崇高~]

    另外~官方也有設定~桃子是有超能力~不過跟雅典娜~拳崇和包相比~
    能力並沒有很強勢~好像也只有放絕招時會出現~

    雖然這角色是s社因市場而設計的蘿莉類型角色~
    但她的真實年紀卻是高中生~~~~~s設有時很喜歡
    在角色設定上亂來~~~~冏

    這角色來說~要玩的好必須要很會閃~不能過於近距離~
    要稍稍保持一些距離看準時機在攻的角色~

  • 她的動作都超可愛的~
    屁屁三連擊,還有夾頭摔也是~
    按著前走路不放的話還會哼小調~ >////<

    karasless 於 2010/08/17 19:47 回覆