01.jpg

 


餓狼隊
 

アメリカ合衆国、サウスタウンのイーストアイランドにあるパオパオカフェ1号店は、格闘家として身を立てようとする者にとっては、ある種の聖地のようなものだった。

位於美利堅合眾國.南鎮東島上的『Pao Pao Café1號店,對身為格鬥家的人們來說,是宛如聖地一般的存在。

 

 そもそもこのサウスタウンは、世界でもっとも名の通った異種格闘技大会キング・オブ・ファイターズ発祥の地である。そのサウスタウンで夜ごとエキサイティングなファイトを提供するパオパオカフェが、腕自慢の格闘家たちが技を競う場となったのは、ごく自然な流れといえた。

說起南鎮這個地方,也是世界異種格鬥技大賽"KingofFighters"的發源地。對於那些對自己身手充滿自信的格鬥家們來說,『Pao Pao Café』提供比武擂台讓他們進行令人熱血沸騰的打鬥,是件再自然不過的事。

 

◆◇◆◇◆

 

ついつい身体を動かしたくなるようなベリンバウの旋律に、人の明るい笑い声がかさなる。まだ夕刻と呼べるくらいの時間だったが、カクテルライトに照らし出された店内は、夜からのショーを待ちわびる客たちで早くも埋まりつつあった。

身體不知不覺間隨著Berimbau所彈奏的旋律搖擺著,在這邊的人們發出一陣陣爽朗的笑聲。接近黃昏時刻,被舞台燈光所照亮的店裡頭,早已被迫不及待地等著晚上的秀開演的顧客們給擠得水洩不通。

 

 心が浮き立つような、何ともいえず懐かしいこのワクワク感に、ついつい軽く足踏みしてリズムを取っていたジョー・ヒガシは、しかし、2階のテラス席から下のフロアを眺め、ふたたび不機嫌そうに嘆息した。
 不機嫌そうに──ではなく、ジョーは今、まさに不機嫌なのであった。
「ったく、あの目立ちたがり屋の兄弟め……
 パーカーのポケットに手を突っ込んだまま、ジョーは天井を見上げた。

東丈心頭浮現出難以言喻、令人懷念的興奮感,腳步隨著節奏打著拍子。然而,從二樓的露天座位往樓下望,東丈看來不怎麼高興地再次嘆了口氣。
 不只是看起來不高興──如今的東丈確實是在生著悶氣。
「真是的,那對受人囑目的混帳兄弟……
 東丈手插在連身帽T的口袋中,抬頭看著天花板。

 

「世界のスーパースター、このジョー様を待たせるとは、あいつらもエラくなったもんだぜ」
「誰がスーパースターだって?」
 ジョーのテーブルへと、店長のリチャードが大きなジョッキを運んできた。多くの従業員がいる中、リチャードがみずからウェイター役を務めているのは、相手が馴染みのジョーだからだろう。
 ジョーの前にビールのジョッキとワニの唐揚げの皿を並べ、リチャードは苦笑した。

「竟然讓世界超級巨星.東丈大人在這枯等,他們會不會太過偉大了啊。」
「說誰是超級巨星啊?」
 朝東丈的桌子這邊,店長理查端著大酒杯送了過來。明明有許多員工在,而理查卻仍親自充當服務生,是出於與東丈熟識的緣故吧。
 在東丈面前將啤酒杯和炸鱷魚肉的碟子給擺好,理查露出苦笑。

 

「テリーが約束の時間に遅れるのは、まあ、いつものことといえばいつものことだが、アンディまでが遅刻とは珍しいこともあるもんだ。──何かあったのかな?」
……どうせロクな理由じゃねえよ」
 ジョッキを掴み、ジョーは一気にビールをあおった。

 現役ムエタイ王者にして史上最強のチャンプとの呼び声も高いジョー・ヒガシと、サウスタウンの伝説とまで呼ばれるテリー・ボガード、そしてテリーの弟で骨法の達人アンディ・ボガードの3人は、今回のKOFにチームを組んで出場することになっていた。

「泰瑞約會遲到,怎麼講,也算不上什麼新鮮事,不過連安迪也跟著遲到這就稀奇了。──可能是出了什麼事吧?」
……反正肯定是因為一些雞毛蒜皮的理由啦。」
 舉起酒杯,東丈將啤酒一飲而盡。

現任泰拳王者、被譽為史上最強冠軍的東丈,和被稱為南鎮傳說的泰瑞.柏格,再加上泰瑞之弟、骨法達人安迪.柏格。這三個人,決定在這屆的KOF中一起組隊參賽。

 

 それぞれが一流の格闘家である3人は、これまでもこのチームでたびたびKOFに参戦してきた。数多くのチームがしのぎを削る大会の中でも、つねに優勝候補の筆頭であり、最古参の常連チームといえる。
 だが、ここ最近はジョーやアンディがさまざまな事情から大会に参加できず、テリーだけがほかのメンバーを集めてエントリーするケースが続いており、この3人での参戦は久しぶりだった。
 にもかかわらず、待ち合わせの時間にテリーとアンディが遅れていた。すでにジョーはここで30分以上も待たされているのである。
 ジョーの立腹の理由は、つまるところはそこにあった。

各自都是一流格鬥家的三人,一直以來也多是以這樣的隊伍組成來參加KOF的。在為數眾多、競爭激烈的大會裡頭,也經常是名列前茅的冠軍候補,亦是參賽歷史最悠久的常青隊伍。
 然而近年來,東丈和安迪因為種種事由而無法參與大會,只有泰瑞找來其他成員組隊繼續參賽,如此三人一同組隊參戰真的是久違了。
 雖然這麼說,但到了約定的時間,仍不見泰瑞和安迪的影子。東丈在這邊已經等了足足三十分鐘有餘了。
 東丈不高興的理由,也正是為此。

 

 フォークを逆手に持ち、ざくりざくりと唐揚げを刺して口もとに運びながら、ジョーは低い声で毒づいた。
「あの金髪ロン毛ブラザーズめ……もしあと30分たっても来やがらなかったら──

「おい、ジョー、来たぞ」
「何?」
 リチャードに肩を叩かれたジョーがフォークを放り出して手摺から身を乗り出すと、エントランスのところに、背中に長い金髪を垂らした青年と黒髪の美女が並んで立っていた。くだんのアンディ・ボガードと、その恋人──と自称している──不知火舞のふたりである。

反手拿著叉子,一把一把地叉著炸肉往嘴裡送,東丈同時邊低聲咒罵著。
「那對天殺的金色長毛兄弟……
如果再過30分鐘還沒給我過來的話──

「喂,東丈,人來了。」
「什麼?」
 理查輕輕敲了敲東丈的肩膀,東丈手扶著欄杆傾斜身子朝入口處張望,一名身材高大、留著至背金髮的青年和黑髮的美女並肩站著。來人正是先前提到的安迪.柏格、與他的戀人──雖然是自稱──不知火舞。

 

「あ! あそこ! やっほー、ジョー!」
 自分たちを見下ろしているジョーとリチャードに気づいたのか、舞がふたりに向かってにこやかに手を振った。
「あいつら……またこれ見よがしにイチャイチャしやがって……!」
 アンディの腕にしがみついている舞を見て、ジョーがぎりぎりと歯をきしらせる。
「ん? どうした、ジョー? 何かいったか?」
「たるんでやがるっていったんだよ! アンディの野郎、だらしなくデレデレと鼻の下を伸ばしやがって──

「啊! 在那邊! 呀齁,東丈!」
發現了正俯視著他們的東丈和理查,舞笑著向他們兩人揮手。

「那兩個傢伙……還在那邊給我卿卿我我的……!」
看到手緊緊摟住安迪的舞,東丈咬牙切齒道。

「嗯? 怎麼了,東丈? 你剛剛說什麼?」

「我是在說你們現在在幹的好事啦!混帳安迪,你這個見色忘友的好色之徒──

 

「別にアンディはだらしなくないと思うが……もしかしてジョー、おまえさん、アンディがうらやましいんじゃないのかい?」
「誰もそんなこといってねえ!」
 アルコールの酔いとは別の理由で顔を赤くし、ジョーはテーブルを叩いた。
 そこへ、アンディと舞が上がってきた。
「やあ、ジョー!」
「はぁい
「遅れて悪かったね。飛行機に遅れが出てさ」

「安迪才沒有見色忘友呢難道說東丈,你、該不會是在嫉妒著安迪吧?」

「誰這樣說了!」
不知是因為酒精作祟還是其他理由而滿面通紅,東丈用力拍著桌子。
那邊廂,安迪和舞一邊走上樓來。

「唷,東丈!」

「嗨~

「不好意思遲到了。因為班機誤點了。

 

 ジョーの苛立ちなど知らぬげに、アンディは右手を差し出した。いかにもこの男らしいさわやかな笑顔である。
「チッ……飛行機が遅れたんじゃしゃあねーな……
 遅参の理由を聞いて、ジョーの怒りがいくぶんやわらいだ。握手を交わす代わりにワニの唐揚げを突き刺したフォークをアンディの手に握らせ、わざとらしく咳払いをする。
──で、テリーの野郎はどうしたんだ?」
「兄さん? さあ、知らないな。まだ来てないのかい? ……あれ? ワニって意外にいけるんだな」

面對東丈一臉大便,安迪仍舊伸出右手。露出充滿男子氣概的爽朗笑容。
「啐……既然是班機誤點的話那也是無可奈何的了……
 聽了遲到的理由,東丈的怒火似乎也消了幾分。代替握手,改將手中拿著叉著炸物的叉子交給安迪,且刻意似地乾咳了幾聲。
──那麼,泰瑞那傢伙又是怎麼啦?」
「大哥? 這個,我也不清楚耶。難道他還沒有過來嗎?……咦? 這鱷魚肉意外地還挺不賴的嘛。」

 

 ジョーの隣に座ったアンディは、もぐもぐと唐揚げを咀嚼しながら、リチャードにビールを注文した。
「わたしもビールお願い、リチャードさん!」
 アンディとぴったり椅子を並べて寄り添った舞が、元気よく手を挙げる。
「OK、ビールふたつだね」
「ああ、それとね、ついでにわたしたちの祝勝パーティーの予約も入れといてもらえます?」
「祝勝パーティーだァ?」
 舞のセリフに、ジョーが眉をひそめて聞き返した。
──おい舞ちゃん、おまえも今度の大会に出んのか?」

坐在東丈身旁的安迪,邊大口大口地嚼著炸肉,邊向理查點啤酒。
「也麻煩給我一杯啤酒,理查先生!」
 拿了張合適的椅子挨在安迪身旁,舞也活力充沛地高高舉起手。
OK,啤酒兩杯是吧。」
「啊,那麼接下來、我們是不是該先來預約一下祝勝Party呢?」
「妳說祝勝Party?」
 對舞的台詞,東丈眉頭一皺,不解的反問道。
──喂小舞,這次大賽你也會出場嗎?」

 

「ふっふ~ん 当然でしょ?」
 バッグの中から白い封筒を取り出し、舞はにんまりと目を細めた。
「何ていうの? ほら、やっぱりわたしがいないと締まらないのよね~、この大会って。そういうわけだから、今回の優勝は元祖女性格闘家チームがいただくわよ。おあいにくさま
「どう思う? 日本からずっとこんな調子なんだよ」

「哼~哼這不是理所當然的嗎?」
從包包裡面拿出白色的信封,舞得意的瞇起眼睛。

「該怎麼說呢? 你看看,

果然這屆大會啊,少了我的話就辦不成了呢~正因為如此,這次的冠軍就由我們元祖女性格鬥家隊給包下囉。不好意思吶
「你認為怎樣? 從日本過來時就一直是這副德行了。」

 

扇子で口もとを隠して自信たっぷりに笑う舞に、アンディが呆れ顔で溜息をもらす。
 ジョーはビールを飲み干し、唇を吊り上げた。
「ま、夢を見るくらいはいーんじゃねーの? どうせ優勝すんのは、このジョー様と愉快な兄弟たちチームって決まってるけどな」
「ひさびさの出場で、みんな腕が鳴ってるようだな」
 ジョーたちのテーブルにジョッキを並べ、リチャードが楽しげに笑った。
──ほら、おまえさんたちがお待ちかねの伝説の狼さんが、ようやくご到着のようだぞ?」

對拿著扇子遮掩住滿懷自信的笑容的舞,安迪也只能瞠目結舌地嘆著氣。
東丈將啤氣一飲而盡,嘴角上揚。

「總之、有夢最美,不是挺好的嗎? 反正最後會獲得優勝的,肯定是我這個東丈大人和愉快的兄弟們所組成的隊伍啊。」

「久違的出場,看來大家各個都摩拳擦掌、蓄勢待發吶。」
在東丈他們的桌上擺上酒杯,理查愉快地笑道。

──你們看,讓你們幾位等得不耐煩的傳說餓狼先生,似乎人也終於到了喔?」

 

 リチャードが肩越しに後ろを指差すと、ちょうど階段を上がってテリーがやってくるところだった。その隣には、なぜかマリーの姿もある。ふたり並んだテリーとマリーと見て、ジョーの眉間のしわはさらに深くなった。
「ヘイ! みんなお揃いのようだな!」
 キャップのつばを押し上げ、テリーが陽気にウインクする。
「どうしたんだよ、兄さん、遅かったじゃないか」
「サウスタウンにはゆうべのうちに着いてたんだが、長旅に疲れて駅の待合室で眠り込んじまってな。で、起きたらもう約束の時間だし、慌ててマリーに連絡取って、ハーレー飛ばして送ってきてもらったってわけさ」

理查手往身後一指,此時泰瑞正好上了樓梯。在他身旁,不知為何連瑪莉也一起跟來了。看到泰瑞、瑪莉兩人出雙入對,東丈的眉頭又皺了起來。
「嘿! 看來大家都到齊了吶!」
 用手推了推遮陽帽,泰瑞爽朗地眨了眨眼。
「是怎麼了啊,大哥,來得還真晚呢。」
「雖然我昨天晚上就回到了南鎮,不過因為長途旅行實在太累,於是就在車站的候車室裡睡著了。然後、醒來時已經到約定的時間了,只好趕忙連絡瑪莉,麻煩她用哈雷飛車送我過來囉。」

 

 悪びれない口ぶりで語るテリーを横目に、マリーはいささか大仰に肩をすくめた。
「こっちの都合も少しは考えてもらいたいものね、まったく。久しぶりに電話が来たと思ったら、大至急パオパオカフェまで送ってくれ、だもの」
「いやー、悪い悪い、ホント助かったよ、マリー」
「わりィわりィじゃねえ!」
 ジョーは椅子を蹴倒すほどのいきおいで立ち上がり、テリーとマリーの会話に割り込んだ。テリーの顔をびしっと指差し、大声でわめく。
──てめェ、テリー! わりィことをしたとワビを入れるんだったらよ、マリーよりも先に頭を下げなきゃならねえ相手がいるだろうがよ、ああ!?

橫眼瞪著講起來絲毫不感愧疚的泰瑞,瑪莉有些誇張地聳了聳肩。
「希望你也能稍微考慮一下這邊是否方不方便啊,真是的。
好不容易一通電話打來,卻是要人家十萬火急地送你來PAO PAO Café,真是夠了」
「唉呀,不好意思不好意思,真的是幫了大忙呢,瑪莉。」
「什麼不好意思不好意思的!」
 東丈像是要把椅子推倒般猛地站起身來,插進泰瑞和瑪莉的對話中。用手指著泰瑞的臉大聲嚷嚷道。
──泰瑞,你這個傢伙! 犯了錯的話就給我好好道歉啊,而且你應該還有一個該比瑪莉更先低頭道歉的對象才是吧,啊!?」

 

……どうしたんだ、ジョー? 何をそんなにカリカリしてるんだ?」
「いいからまずあやまれっつってんだよ! だいたいおまえ、前にもこんなふうに俺を待たせやがったことが──
「そういえば、ちょっと小耳にはさんだんだけど」
 ジョーのいきどおりを無視するかのように、アンディが深刻そうな表情で切り出した。
──今度の大会、あのライデンやホア・ジャイがキムさんといっしょに出場するらしいじゃないか」

……怎麼啦,東丈? 幹嘛這樣氣沖沖的?」
「反正你先給我道歉就是了啦!說起來你像這讓我像這樣痴痴等上老半天的事已經不是──
「話說回來,我有聽到了一些小道消息。」
 無視東丈的怒吼,安迪表情凝重地說道。
──這次的大會,似乎那個雷電和霍查會與金先先一起出賽的樣子呢。

 

「ライデンにホア・ジャイ……ウワサは聞いたことがあるけど、まさかあの人、今度はそのふたりを更生させるつもりなのかしら?」
「ま、強い奴らが出てくるぶんにはノープロブレムだ。ゴキゲンな勝負ができればいうことなしさ」
「相変わらずねえ、テリーは」
 顔を合わせていなかった時間を埋めるかのように、楽しげに語らうテリーたち。それを目の当たりにしてジョーが拳を震わせていると、テリーがふと思いついたようにいった。

「雷電跟霍查嗎……雖然是有聽到一些謠言,難道他這次是打算要讓這兩位改過向善嗎?」
「總之,來的是厲害的傢伙就沒問題啦。只要能夠進行愉快對決的話我就沒什麼怨言了。」
「泰瑞依然還是老樣子啊。」
像是把遲到的事全給拋在腦後,泰瑞他們和樂融融地聊著天。在把一切看在眼裡的東丈正要掄起拳頭的時候,泰瑞像是突然想起了什麼似地說道。

 

──ひょっとして、おまえがナーバスになってるのはそれが理由か? 確かホア何とかいうヤツとは少なからず因縁があったよな、ジョー?」
「はァ!? 誰がナーバスになってるってんだよ!?
「いや、だからおまえがだよ。……さっきからカリカリしてるじゃないか」
「いっ……いい加減にしやがれ、この野郎!」
 まったく悪びれるところのないテリーの態度についに堪忍袋の緒が切れたジョーは、目の前のテーブルを掴んでひっくり返した。
「ちょっ……お、おい、いきなりどうしたんだ、ジョー? もう酔ったのか?」
「うるせえ! てめえにゃまずリーダーの偉大さを思い知らせて、それからとっくりと詫びを入れさせてやらァ!」

──難道說,你會這麼緊張兮兮的理由是因為那個的關係嗎?記得你和那個叫霍查的傢伙彼此之間確實是有些因緣呢,東丈?」
「哈!? 你說誰緊張兮兮的啊!?」
「哎呀,當然是在說你了啊。 ……從剛剛起不是就一直火冒三丈的嗎?」
「給給我適可而止啊,你這傢伙!」
 對於泰瑞那副蠻不在意的態度,忍耐已經到了極限的東丈,抓起眼前的桌子一股腦兒地掀翻了。
「等一喂、喂,突然之間你在做什麼啊,東丈? 喝茫了嗎?」
「吵死了! 我要先讓你們這群傢伙好好搞清楚我這個領隊的偉大之處,然後再要你們捧著酒杯好好向我陪罪!」

 

IMG_0824.JPG

 

「何だかよく判らないが……OK!大会前におたがいの強さを再確認といこうぜ!」
「さわやかに笑ってんじゃねえ!」
 テラス席の手摺を乗り越え、1階フロアのバトルステージに降り立つジョーとテリー。世界的にも名の知れたふたりの登場に、たちまちギャラリーたちの間から大歓声が沸き起こった。
「ったく、兄弟揃ってこれ見よがしにイチャイチャしやがって──!」
「何かいったか、ジョー? ギャラリーがうるさくってよく聞こえないぜ!」
「何でもねえよ!」

「雖然完全搞不懂你在說些什麼……OK!就當作是在大會開始前再重新好好地確認一下彼此的實力吧!」
「不要給我嬉皮笑臉的!」
 一越而過露天看台的欄杆,泰瑞和東丈雙雙落在一樓的鬥技場上。對於在世界上頗負盛名的兩人在擂台上登場,觀眾席間響起了巨大的歡呼聲。
「可惡,這一對兄弟總是愛在我的眼前卿卿我我的──!」
「你在說什麼啊,東丈?  觀眾的聲音太吵了我聽不見!」
「什麼也沒說啦!」

 

 軽やかなステップを踏むテリーを見据え、ジョーはパーカーを脱ぎ捨てた。陽気な微笑みはそのままだが、テリーの全身に覇気が満ちてくるのがジョーにも判る。
……まあ、ダチとはいえ、こういうことははっきりさせとかなきゃな。どっちが強いかってことはよ──
 心の奥底から湧き上がってくる熱い闘志が、体内のアルコールを一瞬で蒸発させ、ジョーの酔いをあらかた吹き飛ばした。いささか男らしくないいきどおりから始まったこととはいえ、こうして強敵を前にすると、自然と頭の中は戦いのことでいっぱいになる。

定睛瞪著腳下踏著小碎步的泰瑞,東丈將穿在身上的連身帽T給脫掉。雖然始終露出爽朗的笑容,不過東丈也明白泰瑞此時全身已是霸氣滿盈。
……嗯,雖說是點到為止,不過這種事情不搞清楚可不行吶。到底誰比較厲害這件事──
 從內心深處所湧出的灼熱鬥志,一瞬間就將體內的酒精給蒸發殆盡,東丈的酒意已點滴不存。雖說是起因於有些沒有紳士風度的咆哮所致,不過像現在這樣大敵當前,自然而然腦中也只充斥著戰鬥的思緒了。

 

 結局のところ、ジョーもまた、強い奴と戦えればそれでご機嫌な、ある意味とても単純な男なのだった。
「行くぜ、ジョー!」
 軽快なステップから一転、テリーがジョーの目の前へと踏み込んでくる。テリーの実力がいささかも衰えていないことを確認し、ジョーの全身が歓喜に震えた。
「おっしゃああ!」
 一歩も引くことなく、むしろ自分からも前に踏み込みながら、ジョーは拳を繰り出した。

結果到最後,東丈還是一樣,只要能跟厲害的傢伙交手就會非常高興、某種意義上來說非常單純的男子。
「要上囉,東丈!」
輕快的墊步之後一個轉身,泰瑞倏忽之間已來到東丈面前。了解到泰瑞功力絲毫沒有退步之後,東丈全身歡喜地身體顫抖著。
「好呀!」
 一步也沒有往後退,自己同樣往前跨出腳步的同時,東丈的拳頭如暴雨般揮出。

 

「見てやがれ……優勝を決めた瞬間、誰よりも熱い声援を浴びるのは、この俺、ジョー・ヒガシ様だぜ!」

「好好看著吧…… 在得到優勝的瞬間,會沐浴在比誰都熱烈的歡呼聲中的,一定會是我這個東丈大人!」

 


─ END ─
 


知道結局後再來看這篇… 只能為東丈默哀了~
「一步也沒有往後退…」,
看到這句直覺想到的是幕之內一步…

, , , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(5) 人氣()


留言列表 (5)

發表留言
  • sleepbear
  • 應該要恭喜東丈找到了他的冬天(無誤)
  • 東丈看來中了奇怪的魔咒了,
    角色屬性多增加了一項…

    karasless 於 2010/08/11 00:50 回覆

  • 皓哥哥
  • 有情人終成眷屬
    幫ASH慶祝生日時
    也不要忘記))悼念((消音)這對小情侶
  • XD

    karasless 於 2010/08/11 00:49 回覆

  • 10
  • 餓狼隊~kof的固定班隊之一~雖然後期光芒被草薙八神及k給蓋過~
    不過仍保有一定人氣~性能也穩紮穩打的強~

    隊友常年都是東丈~安迪和泰瑞三人組成~沒有什麼變動~
    nests篇4人1隊也只先後增加小舞和瑪莉而已~~~~~~
    因為常年三人都湊在一起的關係~被小舞稱為笨蛋三人組~
    [02um餓狼隊的破關圖~笨蛋三人組的感覺更強了~XD]

    不過這常年得組合到了阿修篇開始出現了中大的轉變~
    首先03年獅鷲假面取代了安迪和東丈泰瑞一隊~
    [該怎麼說~獅鷲假面是很難用的好的角色~讓我對餓狼隊評價
    下降了一年~[爆]]
    xi更絕~連東丈也缺席了~成員換成達克和金卡法~這是我覺得違合感
    最重的餓狼隊~[其實金卡法會出現在餓狼隊我更震驚~當初金卡法就是
    找不到隊友才會制服胖瘦二人組成立韓國隊的]
    另外~xi除了原本的餓狼隊~也出現了另一支由海賊女B.潔妮所成立
    的MOW餓狼隊~~~[成員為B.潔妮~牙刀和獅鷲假面]

    在歷經兩代成員大搬風後的餓狼隊~終於在xiii~安迪~東丈和泰瑞
    三人才再度重聚一堂~~~~~~
  • 11我也覺得很誇張,
    根本就MOW的角色一堆衝進KOF啊~
    我看都看要全員登場了吧~

    如果不把東丈安迪砍掉,
    看起來還真像餓狼新作咧XD

    餓狼的角色實在太多了~

    我覺得獅鷲03還蠻強的啊~
    當然不能跟03的神-墮瓏比,
    但是因為系統的關係,摔技變得很霸道,
    鳥人的通常技加摔技就很兇了,
    還有3C啄人凹招接超必。

    在03也算A咖了~

    不過會想到另一個類似類型的角色:MAXIMA…
    在03跟個廢物一樣= =
    排名不知道是不是最爛的…

    karasless 於 2010/08/15 23:32 回覆

  • 皓哥哥
  • = =
    MAXIMA 03我也很愛樂的說= =(怎都挑那種玩阿...)
  • 當時覺得03最扯的是63214K竟然會常常抓不到AB滾的對手…= =
    摔技都不摔技了啊~

    karasless 於 2010/08/17 19:44 回覆

  • 無名小卒
  • 龍虎拳

    希望龍虎拳也可以不甘示弱,多一些角色出場(尤其是如月影二--客串達人,實至名歸,真可憐啊)
  • 我對11的武力隊們比較有興趣:P

    多一個隱藏版坂崎良也不錯~ 呵

    karasless 於 2010/08/17 19:45 回覆