SCENE02

夕暮れの決意/黃昏的決意

出現條件:最初DEMO2

 

で黒く変色した石柱には幾重にもまり、
燃え落ちた床石は深緑色われている。

因煤灰而變黑的石柱上纏繞著數重的常春藤,
燃燒後脫落的床石被深綠色的青苔所包覆。

 

だけを残して焼け落ちた大樹は再び成長を始め、
細いながらも々しい生命力にあふれたには、
る小鳥たちが戻ってきていた。

燒毀後只殘存枝幹部分的大樹已重新開始生長,
在那雖然細幼但勃發著生命力的枝芽上,鳥語啁啾再現。

 

かつてこの場所に建っていた壮麗な邸は、今はない。
あの大火名残さえ、自然に呑み込まれていこうとしている。

過往在此地所建造的壯麗宅邸已不復在。
就連那場大火的餘痕,都已被自然給吞沒了。

 

とヴェールに身をんだエリザベート・ブランとルシュは、
上半身を失った女神像を見上げながら、十年前……アッシュと共に
暮らしていた日々を思い返していた。

身着黑衣、頭戴紗幔的伊莉莎白.布蘭特爾休,
抬頭仰望著失去了上半身的女神像,並回憶起十年前……
Ash一起生活的點點滴滴。

 

邸宅を焼き尽くした大火以来、ブラントルシュ家の家人たちは、
アッシュを焼け跡から遠ざけていた。血族を全て失ったアッシュを
気遣う意味もあったのだろうが、面倒を起こされたくない、
という雰囲気は、子供のアッシュにも強く感じられた。

自宅邸被祝融給吞噬以來,布蘭特爾休家的家人們,
在大火之後就對Ash敬而遠之。或許舉目無親的Ash也察覺到了吧,
可以從仍是孩子的Ash身上強烈地感受到不願造成別人困擾的氛圍。

 

ブラントルシュ家でのアッシュの立場は、エリザベートが強引に
家に連れ込んだ……厄介者だったのだ。

在布蘭特爾休家中Ash的立場,
只不過是被伊莉莎白給強拖帶拉進家門的……一個包袱罷了。

 

しかし、アッシュはよくエリザベートをってこの場所をれ、
辺りを散歩していた。「大事な預かりモノ」をこっそり外に連れ出すのは
エリザベートの役目で、屋敷の壁を滑り降りたり、に開けた穴を
り広げたりと、ずいぶん無茶をしたものだ。

不過,Ash經常會陪著伊莉莎白造訪此處,在週遭漫步。
由伊莉莎白負責將「重要的保管物」偷偷地攜帶出來,
由宅邸的牆通一溜而下,挖開圍牆上的開孔,當時還真是胡來呢。

 

―――いつか、使命が終わったら、ここにはまだボクの家が建つんだ。
そうしたら、バティの家から出て、みんなを呼び戻すよ。

───哪一天,當使命結束後,我要在這裡建造一個屬於我的家。
那樣的話,就可以離開貝蒂的家,叫大家都回來喔。

 

焼け跡から拾い上げた棒で地面を引っかきながら、アッシュは
独りとも、話しかけているともとれない言葉をねる。
エリザベートは、辺りを見回しながら何気なく答えた。

手執從燒焦遺跡當中拾起的棒子在地面上塗抹,
即使是Ash的自言自語,接連說著讓人搭不上話、不著邊際的話語。
伊莉莉莎白則邊環顧著四周邊不經意地答應著。

 

何か言わなければ、廃墟の静まり返った空気の中に、アッシュが
消えてしまいそうな気がしていた。

若是不說些什麼的話,總感覺Ash就會消失在廢墟那靜謐的空氣當中。

 

―――私はアッシュがいなくなると寂しいな。

───Ash不在身邊之後,我覺得好寂寞啊。

 

草も焼けてしまい、裸になった敷地をあちこち駆け回りながら、
ここには、あちらにはサッカーコート、とデタラメな見取り図を
作っていたアッシュが笑を浮かべて振り返る。

在已被燒得寸草不剩的空地上來回奔跑著,
這邊要蓋個馬廄,而那邊則要蓋個足球場,
製作著亂七八糟示意圖的Ash露出笑容。

 

―――だったらサ、ベティも一緒に暮らせば? ここで。

───要不,貝蒂也來跟我一起住吧? 在這裡。

 

どういう意味? と聞き返す間もなく、条件反射でエリザベートの
頬が赤く染まる。つとめて冷静をいながら、ろれってどういう……
と聞き返そうとした矢先、彼女はアッシュの浮かべている笑に
含まれた、からかいの気配に気づいた。

那是什麼意思? 還沒來得及反問,伊莉莎白的臉頰就因條件反射而染上一抹紅暈。 一邊故作鎮靜,剛剛那番話那底是……
正當想要開口詢問的時候,她從Ash浮現的笑容當中發覺了他在戲弄她。

 

―――どういう意味だと思った?

───妳以為是什麼意思呀?

 

―――……この。

───……你這個。

 

怒気をはらんで踏み出したエリザベートに向かって、アッシュが
走りこんでくる。正面からアッシュをき止める形になった
エリザベートは、勢いを殺しきれず、二人で枯草の中に倒れこむ。

向著怒氣沖沖踏出步伐的伊莉莎白,Ash向她跑了過去。
由正面抱住Ash的伊莉莎白止不住跌勢,兩人在枯草中翻倒。

 

「(あのあたり……)」

「(就是在那一帶……)」

 

十年前の思い出の場所は、既に草むらにわれて見る影もない。
何もかも消えていくのは当然のことだと受け止めていても、
エリザベートは胸の奥に僅かな痛みを覚えてしまう。

十年前回憶的場所,已經被青草覆蓋而了無痕跡。
即使明白任何東西都必然會消逝,伊莉莎白的胸口還是感到一陣抽痛。

 

どうして、アッシュは変わってしまったのだろう?

為什麼Ash會變了呢?

 

―――ボクが何をしようと、ベティには関係ないでしょ。

───我想做什麼,跟貝蒂沒有關係吧。

 

―――あぁ、使命? あったよね、そういうの。

───嗯,使命? 過去的確是有過呢。

 

―――アハハハ まあ どうでもいいじゃない?

───啊哈哈哈 好啦 不是怎麼樣都沒差嗎?

 

―――構わないでもらえるかな……ウザいよ

───可以不要再管我了好嗎……很煩人啊。

 

アッシュは、エリザベートに何かを隠すようになっていった。
何を隠しているのかは彼女には分からない。問いめるたびに
アッシュは逃げ、距離を置き……いつしか、エリザベートの前から
姿を消してしまった。

Ash似乎想暪著伊莉莎白什麼事。
不過她並不明白到底是想隱暪些什麼。 
每次追問,Ash都共逃之夭夭,保持距離……
曾幾何時,已從伊莉莎白面前不見了蹤影。

 

アッシュが何を欲しがっているのか分からない。

不明白Ash到底想要些什麼。

 

アッシュが何をしているのか分からない。

也不明白Ash正在做些什麼。

 

アッシュのことが何も分からない

Ash根本一無所知。

 

これが十年間の最終結果。
エリザベートは、硬く拳を握り締めている自分に気づいた。

這就是這十年間的最終結果。
伊莉莎白發覺自己握緊了拳頭。

 

「そろそろ、暗くなります」

「天色也差不多要變暗了。」

 

らにえていた老執事がエリザベートを気遣う。
いつの間にか日は沈み、残光も稜線に消えていこうとしている。
彼女は、執事のほうを振り向きつつげた。

伴在一旁等候的老執事為伊莉莎白掛慮著。
不知何時已日暮西沈,剩餘的殘光也正消逝在山稜線之下。
她回頭望向執事並說道。

 

「あの子の気配がします」
握り締めていた拳をほどく。

「我感覺到那孩子的氣息了。」
鬆開了緊握的拳頭。

 

「今はいない……でも、確かにここにいた」

「雖然現在不在……不過,確實曾經來過這裡。」

 

「お嬢様……」

「大小姐……」

 

「心配しないで、爺」

「不用擔心,爺爺。」

 

エリザベートが生まれる前からブランとルシュ家にえてきた
執事には、彼女の迷いや苛立ち、沈む気持ちが見てとれるのだろう。
心配げな執事に、エリザベートは毅然とした表情を作り、げる。

老執事在伊莉莎白出生前就一直服侍布蘭特爾休家到今日,
他也能看出在她心中的迷惘、焦躁與鬱悶的心情吧。
對著面露憂色的執事,伊莉莎白露出了毅然的表情說道。

 

「私は弱気になどなっていません。ただ……
覚悟を決めていただけです」

「我是不會變得軟弱的。 只不過……是來做好覺悟而已。

 

「覚悟、でございますか?」

「您已經做好覺悟了嗎?」

 

「あの子があくまでおのれの使命を忘れたというのなら―――
私がこの手でります。私が、やらなければ」

「若那個孩子已經完全忘記了我們的使命的話───
就用我這雙手來葬送他。我非這麼做不可」

 

「お嬢様! それは、あまりにも……」

「大小姐! 那樣子實在是太……」

 

「大丈夫です」

「沒關係的。」

 

先ほどまで握り締めていたを見下ろすと、白く小さな光の玉が
いくつが浮かぶ。鮮烈にしてれのない、エリザベート自身の
内なる光が、彼女の顔をほのかに照らしだす。

低頭望著在剛剛仍緊握著的手掌,浮現出了數個白色的微小光球。
生烈而不染,伊莉莎白自己所產生的光芒,照亮了她的臉龐。

 

「私の心に光があるかぎり」

「只要在我心中仍有光存在。」

, , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()