SCENE03

悠久記憶/悠久的記憶

出現條件:最初DEMO3

マキシマ:

妙だな

Maxima

真是微妙呢。

K

俺がここにいることが、か

K’

是指我在這兒這件事嗎。

マキシマ:

オイオイ、頼むぜ相棒。確かに俺達は遺跡調査なんてガラじゃないが、これもカネのためだ

Maxima

喂喂,拜託一下拍檔。雖然我們的確不是會做遺跡調查的那種人,不過這也是為了錢嘛。

マキシマは注意深く遺跡に目を走らせている。何気ない動作だが、その実は体内のセンサーをフル稼働させ、遺跡のあらゆるデータを同時に収集していた。

そのらにはK’が立っている。サングラスに隠されて入るが、表情は退屈そうだ。

Maxima鉅細糜遺地環視著遺跡。雖然看上去若無其事,其實他已經完全啟動了體內的感應器,並同時收集著遺跡內的所有資料。
 K’站在他身旁。雖然墨鏡遮著,不過似乎十分無聊的樣子。

サウジアラビア南部、荒野のただなかに、その遺跡はあった。周囲には建物一つない場所に突然現れた石造建築……さる筋からの調査依頼を受け、彼らは遠い道のりをやってきたのだ。

此遺跡位於沙烏地阿拉伯南部的荒野正中之處。周圍沒有一棟建築物,卻有幢石造建築突兀地矗立於此……接受有關當局的調查委託,他們遠道而來終於來到了這裡。

クーラ:

クーラもうやだ。ここ、暑すぎるよ!

Kula

Kula再也受不了了。這裡好熱!

K’の後ろで壁に寄りかかっていた少女が不満の声を上げ、マキシマは途方にくれた表情になる。

引率役も楽じゃない。

K’的身後倚靠著牆壁的少女發出不滿之聲,Maxima露出無可奈何的表情。
帶隊也不輕鬆呢。

マキシマ:

文句は地球に言ってくれ

Maxima

去向地球抱怨吧。

ぼやくマキシマは、ぼやきながらもデータの収集を続ける。風化の度合いや通路の表面に残された放射性元素の状態から、分析ソフトウェアが遺跡が建造された推定年代を報告してきた。

最低で千年の古さ、それ以上の過去である可能性もある。報告に「重要」タグを貼り付けて二人のデータ通信ポートに赤外線で送信する。だが、K’の反応は冷たものだった。

 Maxima邊嘟噥著邊持續收集著資料。透過風化程度以及通路表示所殘留的放射性元素狀態,分析軟體報告出此遺跡被建造的推測年代。
 至少有千年,可能甚至比這個數字還要來得更加古老。在報告標註上「重要」的標籤並透過紅外線將資料傳送給另外兩人。不過,K’的反應卻是相當冷淡。

K’

それがどうしたってんだ

K’

就算這樣又如何。

マキシマ:

大発見かもしれないんだがな……

Maxima

或許是個大發現也說不定呢……

三人は言葉を交わしながら、真っ直ぐな通路を進んでいく。やがて、外光が届くぎりぎりの距離で通路は終端になった。

終端周囲の壁は風化しかけた浮きりにわれ、突き当りの壁は何者かによって崩されている。

三人邊交談著邊沿著筆直的通路前進。終於來到了外光僅勉強可及的通路終端。
 終端周圍的牆壁覆蓋著已經風化了的浮雕,盡頭的牆壁因什麼緣故而崩落了。

クーラ:

これ

Kula

看這個。

クーラが指差した浮きりのモチーフは奇妙なものだった。

強大な力を持つ異形……空間を自在に渡るもの、大地から無限に力を引き出すものなどが地上を闊歩し、その周囲に人間がう。なる場所や都市を背景に、同じ光景が何度も繰り返されている。

 Kula手指的浮雕圖案相當奇異。
 擁有強大力量的異形……可以自由來去空間、或是從大地汲取無限的力量等生物在地面上昂首闊步,而在其周圍人群聚集。以不同的場所和都市為背景,相同的光景不斷重覆出現。

クーラ:

嫌な感じ

Kula

討厭的感覺。

異形の周囲にられている人間には、直立しているものがほとんどいなかった。粗雑な線ではあったが、膝を折りうずくまるものや倒れているもの、手足を大きく広げて空中を飛ばされているものが見てとれる。おそらくは、みな死んでいるのだろう。

浮き彫りがまとう不穏な気配に、クーラとマキシマがたじろぐ。通路の先にあるものは、人間が触れていいものではない。そんな予感が押し寄せてくる……しかし、K’が小さく嘲弄みを浮かべて吐き捨てる。

 圍繞在異形周圍的人類,幾乎沒有人是直立站著的。雖然線條雜亂,但仍可看出有人蹲伏著和倒在地上、或呈大字型被打飛。恐怕所有人都已經死了吧。
 浮雕所隱含的不祥氣息,使得KulaMaxima感到畏縮。在通道前頭之物,並非人類所該接觸的。這股預感排山倒海而來……不過K’卻露出微微嘲弄的笑容輕蔑地說道。

K’

俺には戦ってるように見えるぜ

K’

就我看來不過就是在戰爭罷了。

K’の言葉が二人の呪縛を解いた。浮き彫りから目を離し、三人は揃って崩れた壁の奥を覗き込む。地上からの調査によれば、この先に最後の部屋があるはずだ。

 K’的話語把兩人從呪縛解放了出來。將目光從浮雕上移開,三人聚在一起望向崩塌牆面的深處。根據地上的調查所得,在這前面應該會有最後的房間才對。

クーラ:

この中、暗くて何も見えないよ

Kula

裡面太暗了什麼都看不到呢。

マキシマ:

大丈夫だ。俺の計算が正しければ、太陽光が入ってくる

Maxima

沒關係。若是我的計算無誤,太陽光馬上會照進來。

マキシマ:

そろそろ時間だ

Maxima

時候差不多了。

K’

まったく 苦労させやがって

K’

真是,還真是大費周章呢。

クーラ:

……石碑? ドアみたいだけど

Kula

……石碑? 看起來就像扇門般。

マキシマ:

後ろの壁にあるのは……人と異形のれか信仰していた神だったのかもな に線が引かれているのは……

Maxima

後面這牆壁上的……可能就是人和異形的集團所信仰的神了吧。不過在他們之間這條線所代表的意思是……

クーラ:

遠さ それとも 断絶……? ……「違う生き物」

Kula

距離感,還是說,滅絕……? ……「截然不同的生物」

K’

遠い……遥かな……けし彼の地
……いや、まさかな

K’

很久以前……在非常遙遠的……遙遙彼岸。
……不,應該不是這樣吧。

クーラ:

ねぇ もう帰ろう……ここ、何だか怖いの

Kula

喂,我們回去吧……這裡感覺好恐怖喔。

マキシマ:

そうだな 周辺地込みのモデルと付随情報が揃った
外に出れば衛星回線で報告できるし 引き上げようや

Maxima

也是,含括周邊地形的模型和隨附的情報已經集齊。
出去外頭的話就可以用衛星連線上繳報告了。我們撤退吧。

K’

……ああ

K’

……嗯。

 

 

, , , , , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()