01

KOF XI餓狼MOWチームストーリー

KOF XI 餓狼MOW隊 背景故事

義賊集団『リーリンナイツ』を率いるB.ジェニーは、巨額の優勝賞金と、毎回必ずミステリアスな展開を見せるKOFへ参戦を決めた。
世界有数の財閥、バーン家。そしてその一人娘がジェニーである。
だが、深窓の令嬢という形容詞がこれほど当てはまらない富豪の娘もいないだろう。育ちがい割に、その行動は即断即決。すでに二人のメンバーには当たりをつけていた。
放浪の中国拳法家と、プロレスラーである。

率領義賊集團『黎林騎士團』的B.珍妮,看上巨額的優勝賞金,以及想見識見識每回必定會發生的神祕勢態發展,而決定參加KOF
邦氏家族是世界屈指可數的財閥。而珍妮則是家族的獨生女。
然而用深閨獨處的大小姐來形容這位富豪之女可一點都不恰當吧。雖然受到良好的教養長大,但其行動卻是即斷即行。她心中早已盤算好她的兩位參賽夥伴是誰了。
放浪的中國拳法家,以及職業摔角手。

※ ※

「もしもーし。あなた、牙刀さんですよね?」
「……だったら何だ」
向かい来る通行人がことごとく避けて通る強面の中国人風の男。
牙刀の険しい瞳に見据えられると、抜き身の刀を鼻先に突きつけられたような感覚を覚え口数はずいぶんと減ることになる。……普通の感覚の人間ならば。

「哈─囉。你是牙刀先生對吧?」
「……是的話又如何。」
連來往的路人各個都避之唯恐不急、殺氣騰騰的中國風男子。
若是被牙刀那嚴厲的眼神給盯上,感覺就活像是被人拿著出鞘的刀給架在鼻尖上般的感覺,連話也說不太出來了。……如果是擁有正常感覺的人的話。

「私と一緒にKOFに参加して欲しいのねーん
臆する気配もなく、ジェニーは交渉した。
「賞金は3人で622の比率で分配する。必要経費は各自負担。会場への移動には、リーリンナイツの潜水艦を使わせてあげてもいいわよん
「……」
「あらあら~。じゃ、賞金は均等に山分け。これで万事オッケー!」
「どけ、小娘」

「希望你能跟我一起去參加KOF
完全不見怯懦,珍妮展開交涉。
「賞金就由3人依622的比率來分配。必要的經費各自負擔。前往會場的移動部分,讓你搭黎林騎士團的潛水艇也行喔
「……」
「哎呀呀~。不然,賞金就大家均分吧。這麼一來就萬事OK了!」
「閃開,小女娃。」

もはや通りすがりの人々の方が、この険悪な空気を読めないジェニーを心配していた。
どう考えてもこれから先、平和的な方向に会話が進むとは思えない。
「あーん、これでもダメ?じゃあ……」
牙刀がジェニーを強引に押しのけ歩み去る。それでもジェニーのペースは変わらない。

就連來往路過的行人們,都不禁為不明白此刻險惡氣氛的珍妮捏一把冷汗。
怎麼樣都很難認為,這之後的對話會朝平和的方向進行。
「啊─,這樣子也不要?那不然……」
牙刀一手硬把珍妮推開便欲離去。即便如此珍妮的步調也未因此而被打亂。

「あなたのパパの情報、なんていかが?」
牙刀が歩みを止めた。
「……貴様、何が言いたい。どこまで俺のことを知っている」
「リーリンナイツの情報網を甘くみちゃダメダメ!」
とは言ったものの、半ば以上は虚勢であった。牙刀が、仇でもある実の父を捜して旅している以上、彼自身がそこら中で聞き込みを行っている。誰でも少し調べれば彼の目的まではわかるのだ。問題はそこから先である。ここがハッタリの効かせどころだ。

「給你關於你爸爸的情報,意下如何呢?」
牙刀停下了腳步。
「……妳這傢伙想說些什麼。你對我了解到什麼程度。」
「可不能小瞧黎林騎士團的情報網喔!」
話雖這麼說,不過其一半只是在虛張聲勢。牙刀為了尋找有著深仇的生父而展開了搜索之旅,而他自己也正到處打探著。無論是誰,只要稍加打聽便能明白他的目的。問題所在是這之後。現在開始才知道故弄玄虛是否能夠奏效。

「極限流って知ってる?」
格闘技に関心のある者で、この名を知らぬ者は稀だろう。
毎年開催されるKOFでも常に優勝候補に挙げられる正統派空手。
特に五十歳を超えてなお衰えを知らないタクマ・サカザキはちょっとした名物男であった。

「你知道極限流嗎?」
只要有在關格鬥技的人,沒聽過這個名號的人應該相當稀罕吧。
是在每年舉辦的KOF大賽中經常被推舉為優勝候補的正統派空手道。
特別是已經年過五十,卻絲毫不見年老力衰的坂崎琢磨,更是赫赫有名。

そしてそのタクマが謎の暴漢に襲われ、いまだ生死の境をさまよっていることも、サウスタウンで腕に覚えのある者たちの間では知らぬ者とてない噂である。
「名前だけはな……まさか!」
「真相はわかんないけど、あなたが手を貸してくれるなら、本気でこのことを調査してあげてもいいんだけどな~?」
「……」
「悪い話じゃないわよね?パパの情報+賞金は433。ね?」

而那位琢磨卻被謎之暴漢所襲擊,到如今都仍在生死邊緣徘徊這事,也耳聞此人並非在南鎮有本事的高手當中。
「我只聽過他的名號……難道說!」
「雖然不知道真相,如果你願意幫我一把的話,我也可以認真起來幫你調查這件事喔~?」
「……」
「聽起來條件不錯吧?爸爸的情報+賞金433。如何?」

※ ※

「……というわけで事情は話せないけど、そんな暴力的で怖い男とKOFに参加しなくちゃならなくなったの。しくしく」
「ふむ、それは大変だな。で、このグリフォンマスクに何の頼みなのだ?」
試合を終えたばかりのプロレスラーの控え室。
充分に広いスペースを確保しているはずのこの場所も、身長215センチの
グリフォンマスクの巨体が存在すると、何やら狭苦しく感じられてしまう。
もちろん部外者は入室禁止だが、ジェニーが花束を抱えて熱心なファンを装うと、案外簡単にここまで通してくれた。

「……也就是說,雖然不能告知詳情,最後就變成非得跟那個暴力又恐怖的男人一起參加KOF不可了。嗚嗚。」
「呼呣,那還真是辛苦了。那麼,你有什麼事需要拜託我獅鷲假面的呢?」
在才剛比賽結束的摔角選手休息室中。
明明已經充分確保空間寬敞的這個地方,也因為身高215公分的獅鷲假面其巨身的存在,而讓人有擁擠狹小之感。
當然非相關人等是禁止入內的,珍妮手捧著花束扮作熱心的粉絲,意外相當容易地就放她進來了。

ジェニーは目に涙を浮かべて訴えている。
「私も格闘技にいささか覚えはあるの。でも……」
根が気弱で繊細な自分には、KOFで勝ち進むどころか、牙刀と同じチームで闘うことだって難しい。このことを思い悩んで、ここ数日は食事も喉を通らず、夜も満足に眠れない。

珍妮繼續眼眶泛淚地訴說道。
「我也是稍微懂些格鬥技的。但是……」
對於怯懦又纖細的自己而言,別說是在KOF當中一路過關斬將,就連跟牙刀在同一隊一起戰鬥本身就十分艱難了。為了這件事一直苦惱著,這幾天下來吃不下飯、夜不成眠。

「そんなとき、反則技にも屈せず、子供たちのために闘うトリ……じゃなくてグリフォンマスクの勇姿を見て感動したってわけ。この人なら私に力を貸してくれるって」
丸太のように太い腕を組んで聞き入っていたグリフォンマスクは、大きくうなづいた。

「像這種時候,不屈服於對手的犯規技,而為了讓孩子們見識到奮戰不懈的鳥的……不對,是獅鷲假面的英姿而深受感動才對。想說若是這個人的話,肯定會幫助我的。」

「事情は分かった。力を貸そう」
「へ?そんなあっさり?」
「何か言ったか?」
「な、何でもないの」
KOFといえば多額の賞金が出ることで知られている。かねてから子供たちが無料で私の試合を観戦できるよう、グリフォンシートを作りたかったのだ」

「事情經過我明白了。我就幫你吧。」
「咦?如此乾脆?」
「妳剛剛說什麼?」
「不,沒什麼。
「我知道KOF會提供為數可觀的賞金。可以兼且也想為孩子們打造能夠免費來觀看我比賽的獅鷲座位。」

「そ、そうなの?じゃあ賞金は622で」
グリフォンマスクはまたしても大きくうなづいた。
「金額が問題ではない。心だ」
ジェニーが我が意を得て大きくうなづいた。うんうん。

「這、這樣嗎?那麼賞金的話就以622來分。」
獅鷲假面又再大大地點了點頭。
「金額不是問題。重點是心。」
珍妮也正合我意般地大大點著頭。嗯嗯。

「だが、もし、もう少しだけ取り分を増やしてくれるなら、経営難に苦しむ孤児院にそれなりの支援を…」
「……」
「いや、無理にとはいわん。そちらにもいろいろと経費がかかっているのだろうからな」
「……わかった、わかったわよ。取り分は433。これ以上は無理だからね」

「不過,若是能再稍微增加一些份額的話,就可以去支援在經營上無以為繼的孤兒院了啊…」
「……」
「不,我是不會勉強妳的。妳那邊應該也有為數不少的經費開銷吧。」
「……我明白,我明白了啦。份額就以433。超過這以上就不行啦。

※ ※

「あ、艦長、おかえりなさーい!」
「どうでした艦長、牙刀とグリフォンマスクは仲間になってくれました?」
「……」
「どうしたんです?断られたんですか?」
「それは大丈夫。ただね……」
「ただ?」
ジェニーは悠然として答えた。
「世の中って案外せちがらいの。とほほ~」

「啊,艦長,歡迎回來─!」
「如何啊艦長,牙刀和獅鷲假面願意成為夥伴嗎?」
「……」
「怎麼了呢?被拒絕了嗎?」
「那倒是沒問題。但是呢……」
「但是?」
珍妮一派悠然地回答道。
「要在這個世界討生活還真是意外地艱苦呢。唔呵呵~」

, , , , , , , , , , , ,
創作者介紹

不良線條與色塊

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()