KOFXI_team_agent

KOF XI エージェントチームストーリー

KOF XI 特務隊 背景故事

サウスタウンの某所のバー。
時計が62分を示したと同時に、背後のドアが開いた。
開店したばかりの店内には、ライムやジンの爽やかな香りが漂っている。
「……2分遅刻、ね」
カウンターに肘をついて時計を眺めていた妙齢の美女が、背後でドアの開いた音を確認してそう呟いた。

位於南鎮某處的酒吧。
在時針指到62分的同時,背後的門打了開來。
才剛開店沒多久的店內,空氣中飄蘯著萊姆酒與琴酒清爽的香氣。
「……遲到了2分鐘呢。」
妙齡美女望向置於肘邊的錶,就像是在確認開門聲般低語道。

三名のエージェントにKOFへの参加並びに調査が依頼されたのは、この前日のことであった。
大元の依頼者は明らかにされなかったが、その窓口となったセスを通じ、今回の調査にふさわしい実力者が選択された。
ヴァネッサとラモンは数分前からカウンターに腰をおろし、最後のひとりブルー・マリーことマリー・ライアンが到着した。

三名特務被委託參加KOF並進行調查,是前一天的事。
雖然原委託人並未指名,不過透過成為窗口的賽斯選出了適合這次調查的佼佼者。
凡妮莎和雷蒙在數分鐘前便已在吧台就坐,而最後一人的布魯.瑪莉、亦喚作瑪莉.萊安也抵達了。

「おいおい頼むぜ。この2分が致命傷になる場合だってある」
「マジメすぎるのは好きじゃないけど、締めるところは締めないとね。わかってる?」
小言を聞かせるタイプではない二人からステレオで窘められながら、マリーはジャケットを脱ぐと、ラモンの隣のストゥールに腰をおろした。
「ごめんなさい。同じミスは二度しないわ」

「喂喂拜託了。這可是差了2分鐘就會成為致命傷的場合喔。」
「雖然我並不喜歡過於死板,該上緊發條時還是得繃緊神經呢。妳明白了嗎?」
面對來自不愛教訓人的兩人同時發出的斥責聲,瑪莉脫去夾克,彎身坐到雷蒙身側的椅凳。
「非常抱歉。同樣的失誤不會再發生了。」

それを聞いて一応二人は納得したようだ。
フリーの立場上、他人にあれこれと干渉することはないが、その分、各自に課せられる責任はきっちりと果たしてもらわねばならない。
困難な依頼に命がけで臨むのだ。
とはいうものの、軽く乾杯して23の事柄を確認し合った後は、すぐに雑談になった。

聽到這番話,兩人似乎也能接受了。
站在自由契約者的立場上,雖然不會去干涉別人的做法,不過在這部分,則是非得完成各自所被賦與的責任不可。
因為艱鉅的委託總是性命交關的。
話雖這麼說,輕輕乾杯後確認一下23個事項後,馬上就變成在閒話家常了。

調査の内容や方向性は、前もってセスから各自に伝えられている。
それぞれのファイトスタイルも理解し合っている。
大会に備えて合宿するといったメンバーでもなし、やることをやればあとはご自由に、といった暗黙の了解がある。つまりは皆、大人なのだ。
早々にビールを飲み干したヴァネッサが、バーテンダーを呼んでカクテルのレシピを説明していた。

關於調查的內容以及方向,在此之前謝素已經各別告知了。
也了解了彼此之間的戰鬥風格。
沒有什麼為了大會而籌畫的合宿,把交辦的事項完成,後面就一切自便,大家都有這層默契的體認。也就是說大家都已經是成年人了。
沒一會兒就將啤酒乾了的瓦妮莎,找來了酒保解說雞尾酒的調理法。

どういう風に興が乗ったのだろう。
ビール党の彼女にしてみれば珍しい行為である。
「ジンを3オンス、レモンジュースが1オンス。砂糖とブルーキュラソーがスプーンに2杯。それにスパークリングワインを……」
「それって……『ブルー・マリー』?」
聞くこともなく聞いていたマリーは、そのレシピに記憶があった。
いや、覚えていたなどというものではない、このカクテルは……。

今兒個是吹什麼風興致大好呢。
對於身為啤酒派的她來說是十分稀罕的行為。
「加入琴酒3盎司,檸檬汁1盎司。砂糖和藍色柑桂酒2湯匙。然後再加入起泡葡萄酒……」
「這就是所謂的……『布魯.瑪莉』?」
第一次耳聞的瑪莉,對這道調理法有印象。
不,並不是記得,這個雞尾酒是……。

「あら、知ってるの?」
ヴァネッサが楽しげに反応した。
カウンターの内側では、既にシェーカーが涼しげな音を立てている。
「昔、国の研修機関に入ってた頃に教わったの。名前は」
「……ブッチ」
「そうそう、ブッチね。びっくりしたわ、あなた知り合い?」
氷を入れたワイングラスにシェーカーの中身が注がれ、スパークリングワインがその上から満たされた。

「哎呀,妳知道啊?」
瓦妮莎饒富興致地回道。
在櫃台的內側,已經響起了調瓶器沁人心脾的響聲。
「以前,在進入國家研修機關時別人教我的。他的名字是」
「……普奇。」
「對對,就是普奇。真是叫人吃驚呢,妳認識他?」
由調瓶器當中徐徐注入裝盛著冰塊的酒杯,泡沫從酒杯中滿了出來。

「若かったけど、なかなか優秀な教官だったわよ、確かスペシャルサービスに配属希望だって言ってたけど、彼、今はどうしているのかしら?」
「……死んだわ」
周囲が沈黙に包まれる。スパークリングワインの泡が弾ける音だけが、小さく頼りなく薄暗い空気の中に消えていった。
「私のパパとブッチは、職場の同僚だったの。スペシャルサービスで大統領の警護を担当していたわ」

「雖然年紀輕,但卻是很優秀的教官呢,他當時確實是說希望調到特勤部去,他現在在做些什麼啊?」
「……已經死了喔。」
周圍被一片沈默所籠罩。唯獨能聽到泡沫所彈發的響聲,但也微不足道且無助地在昏暗的空氣當中消逝無蹤。
「我爸爸和普奇是職場上的同事。以前在幹特勤人員時,曾當過大總統的護衛。」

マリーは抑場のない声で、古い新聞記事を読むように語った。
数年前の大統領暗殺未遂事件。パレードの最中、大統領を襲った凶弾。
それを防いだ二人のスペシャルサービスが命を落とした。
そして、そのどちらもがマリーの身内だった……。
「そうだ、思い出したぜ。あの事件はメキシコでも大ニュースになったからな」
ラモンが手にしたグラスは、じっとりと汗をかいてコースターを濡らしている。

瑪莉用著沒有抑揚頓挫的聲音,像在讀古老新聞記事般娓娓訴說道。
數年前所發生的大總統暗殺未遂事件。在遊行當中,兇彈射向了大總統。
而擋住子彈的兩位特勤人員因此殞命。
而且,這兩位都是瑪莉的親……。
「對對,我想起來了。那個事件在墨西哥也是頭條新聞呢。
雷蒙手中握著的玻璃杯外的水滴,濡濕了杯墊。

「このレザージャケットはブッチが私にくれた物だった。コマンドサンボも彼が教えてくれた。立ち直るのに、結構時間がかかっちゃったわ」
マリーは微笑んで茶化したが、無理に作った笑顔だということは誰の目にも明らかである。
カウンターの内側にいるバーテンダーだけが黙々とグラスを磨いていたが、その耳もこの会話に向けられていた。
「……最近、私、ちょっとだけ油断してたわね」

「這件皮製外套是普奇送給我的。徒手桑搏也是他教我的。為了平復心情,可是花了我好長一段時間呢。」
雖然瑪莉想以微笑蒙混過去,不過不管是誰都能一眼看出那不過是勉強硬擠出來的笑臉罷了。
櫃台內側只有酒保在默默地擦拭著玻璃杯外,這段對話也進了他的耳朵。
「……看來我最近,有些太過疏忽大意了呢。」

随分時間が経過してから、マリーがぽつりと呟いた。
「おいおい、さっきの遅刻か?日本人じゃあるまいし、2分くらいどうってことないぜ」
「そうよ。さっきのは初顔合わせの空気を和ませる軽いジャブの応酬ってやつね」
マリーは静かに首を振った。
昔の私のように、笑顔を忘れるようなことはしない。でも…、
「でも、もう少しだけクールさを取り戻すべきだったんだわ」

經過了好長一段時間,瑪莉輕聲呢喃道。
「喂喂,是說剛才遲到的事嗎?又不是日本人,遲到個2分鐘算不了什麼啦。」
「是啊。剛才那不過是初次見面用來緩和氣氛用的輕直拳應酬罷了。
瑪莉靜靜地搖了搖頭。
雖然不會像過去的我一樣,猶如忘記了怎麼微笑一般。不過…,
「不過,我可能應當找回一些冷靜才是呢。」

店の扉が勢いよく開いて、数名の客がどやどやと入ってきた。

そろそろ店も賑わう時間だ。エージェントたちが昔話を語るには、少々空気が重すぎる。
3
人は、誰から言うともなく席を立った。
店の外に出ると、街はすっかり夜の顔になっていた。
そこかしこにビルが壁のようにそびえ、その壁のそれぞれに居心地のよさそうな明かりが灯っている。

店門一口氣敞開,數名客人一擁而入。
也差不多該是店內最熱鬧的時刻了。特務們聊起過往的話題,有些讓氣氛變得太過沈重了。
雖然誰都沒有開口,3人便一同站起身來。
走出店外,街道上早已夜幕垂掛。
四周建築物如峭壁般林立,而那峭壁上則正閃爍著讓人感到舒適的光芒。

「クールさを取り戻すのは、明日の朝からだろ?」
ラモンが言った。
「この近くに、本格的なテキーラを飲ませる店があるんだけどな」

「要找回冷靜,待明天一早再開始便行了吧?」
雷蒙說道。
「我說,這附近有一家可以喝到上好龍舌蘭的店喔。」

, , , , , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()