SCENE28

開放

艾德海特路線過關

──糸が切れた。
 ローズの全身から一気に力が抜け、床に崩れ落ちる。
それを寸前で支えたのは、兄であるアーデルハイドの腕だ。

  ──線斷了。
 蘿絲全身一下子失去力氣,往地板跌落。
而在即將撞上地面的瞬間攙扶住她的,是兄長艾德海特的臂膀。

アーデルハイド:

ローズ……

艾德海特:

蘿絲……

 行動は反射的なものだった。しかし、一歩でも離れて入ればき止めることはできなかっただろう。
アーデルハイドは、ローズが倒れることを知っていたのだ。

 這行動完全是出於反射動作。不過,只要再隔上一步之遙就會來不及止住其跌勢了吧。
艾德海特早已經知道蘿絲會倒下了。

アーデルハイド:

(だが……何故?)

艾德海特:

(不過……是為什麼?)

 何かが起きようとしていたことは覚えている。
ローズが巻き込まれ、何者かの操り人形に……何者か?
名前を知っていたはずだ。
 記憶に欠落がある。アーデルハイドは戦慄を覚えつつ記憶をたどるが、その間も記憶は消え続ける。何かを思い出そうとした理由が思い出せなくなっていく。

他還記得到底發生了什麼事。
把蘿絲給卷進來,某人把她當作人偶來操縱……是誰呢?
我明明知道名字的。
 記憶出現了斷層。艾德海特邊感到戰慄的同時邊追尋著記憶,不過同時記憶仍在不斷地消逝。就連為何想要回想起來的理由都變得無法記起了。

 アーデルハイドは眩暈を覚え、意識を失いそうになる。
ローズが倒れたのはこのせいだ、と気付き、えた腕に意識を集中する。
ローズを守る兄、それが自分だ。
たとえ世界が崩れても、それだけは変わらない。
そして……記憶は消え、確信だけが残る。
アーデルハイドはローズを守りきったのだ。

 艾德海特感到一陣暈眩,感覺快要失去了意識。
察覺蘿絲可能就是因為這個原因而倒下,他把意識集中到抱著蘿絲的手腕上。
守護著蘿絲的兄長,那就是自己。
即使世界終結,只有這一點是不會改變的。
接著……記憶消逝,只剩下確信殘留著。
艾德海特總算是守護住了蘿絲。

ローズ:

わたくしは、何を

蘿絲:

我到底怎麼了。

アーデルハイド:

悪い夢だ、ローズ……だが、もう私がここにいる

艾德海特:

只是一場惡夢罷了,蘿絲……不過別怕,我在這裡。

ローズ:

お兄様……わたくし、お兄様まで殺してしまおうと……

蘿絲:

哥哥……我竟然連哥哥都想殺掉……

アーデルハイド:

もう心配はいらない。すべて終わったんだ。
今は安心して休むといい。夢は……すぐに消えるさ

艾德海特:

已經無需擔心了。一切都已經結束了。
妳現在就安心休息吧。夢的話……很快就會消失了。

ローズ:

ああ……お兄様

蘿絲:

好的……哥哥。

, , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()