01d3c5ab5bd41115090ba9b3ded0b86d.jpg

單篇文章資料量太大,導致編輯暫存時都會LAG= =
於是就把文章分割一下吧,同時完成表格化。

3人勝利對話內容都挺有趣的,會讓人會心一笑呢。

 


3人戰鬥對話
 


戰鬥勝利時
 

(以特定3人組隊勝利時,所可能會出現的對話) 


シュルク
xフィオルンxライン修爾克x菲歐倫x萊因 

ライン:

「どうだ!俺様の力を見たか!」

萊因:

「怎麼樣!見識到本大爺的力量了吧!」

カルナ:

「もうすぐ調子に乗るんだから」

卡魯娜:

「真是的馬上就得意忘形起來了。」

シュルク:

「あははは、ラインらしいや!」

修爾克

「啊哈哈哈,真像萊因的作風啊! 

 


シュルク
xフィオルンxダンバン修爾克x菲歐倫x丹邦

ダンバン:

「フィオルン、身体の調子はどうだ?」

丹邦:

「菲歐倫,身體狀況怎麼樣?」

フィオルン:

「今の所大丈夫。ありがとうお兄ちゃん」

菲歐倫:

「現在沒什麼問題,謝謝你哥哥。」

シュルク:

「やっぱり兄妹っていいよね。僕も弟か妹が欲しかったな 

修爾克

「果然有兄妹真好呢,我也想有個弟弟或妹妹啊。」

フィオルン:

「さしずめ、シュルクは私達の弟ってところね」

菲歐倫:

「既然這樣,修爾克就作我們的弟弟吧。」

シュルク:

えー 弟ぉ

修爾克

「欵~弟弟……

フィオルン:

「あははは、文句言わないの」

菲歐倫:

「啊哈哈哈,可不准你發牢騷。」

 


シュルク
xフィオルンxカルナ修爾克x菲歐倫x卡露娜

シュルク:
or 
フィオルン:

怪我はない?(フィオルン/シュルク)

修爾克:
or 
菲歐倫:

「沒受傷吧?(菲歐倫/修爾克)」

カルナ:

「私のことも、忘れないでよね?」

卡魯娜:

「不要忘記我還在這裡喔?」

シュルク:
or 
フィオルン:

「あっごめんカルナ」

修爾克:
or 
菲歐倫:

「啊抱歉卡魯娜。」

カルナ:

「ふふっ、ちょっとからかっただけよ」

卡魯娜:

「呵呵,只是逗你們一下罷啦。」

 


シュルク
xフィオルンxメリア修爾克x菲歐倫x梅莉雅

シュルク:

「フィオルンもメリアも、強くて頼りになるな~!」

修爾克:

「不管是菲歐倫還是梅莉雅,都變得厲害地值得依賴了呢~!」

フィオルン:

「もう、女の子に強いとか頼りになるとか言わないの!」

菲歐倫:

「真是的,不要稱讚女孩子你好強、好可靠什麼的啦!」

メリア:

「ふむシュルクは、女心という物を理解する必要があるな」

梅莉雅:

「嗯哼修爾克,有必要好好揣摩一下女孩子的想法喔。」

シュルク:

「うーん・・・それはモナドの扱いよりも難しいな・・・」

修爾克:

「嗯這可比使用摩那多還要困難啊

フィオルン:

あははは!

菲歐倫:

「啊哈哈哈!」

メリア:

あははは!

梅莉雅:

「啊哈哈哈!」

 


シュルク
xフィオルンxリキ修爾克x菲歐倫x利奇

リキ:

「リキ、スンゴイがんばったも!」

利奇:

「利奇,非常努力喔!」

フィオルン:

「そうね、ちゃーんと見てたわよ、リキ」

菲歐倫:

「真的呢,我有好好地看著唷,利奇。」

リキ:

「え?ちゃんと見られてたのかも!?

利奇:

「欵?有好好地看著嗎!?」

シュルク:

「ちゃんと見られてたら、まずかったのかな?」

修爾克:

「如果真的被好好看著的話,那就不太妙了吧?」

リキ:

「え?えへへ……そんなことないも!
リキがんばった……はず」

利奇:

「欵?欵嘿嘿……才沒有那樣的事呢!
利奇肯定是很努力的。」

シュルク:

あははは!

修爾克:

啊哈哈哈!

フィオルン:

「あははは!」

菲歐倫:

啊哈哈哈!

 


シュルク
xラインxダンバン修爾克x萊因x丹邦

ライン:

「ダンバンがいると気合のノリが違うな!」

萊因:

「有丹邦在整個氣勢就不一樣了呢!」

シュルク:

「ほんと、そうだよね」

修爾克:

「真的,說得沒錯。」

ダンバン:

「浮かれるな!気を引きしめていくぞ!」

丹邦:

「不要掉以輕心了!集中精神上囉!」

シュルク
ライン:

「はい!」

修爾克:
萊因:

「是!」

 


シュルク
xラインxカルナ修爾克x萊因x卡魯娜

ライン:

「俺の活躍見てただろ?カルナ!」

萊因:

「看到我活躍的樣子了吧?卡魯娜!」

カルナ:

「え?あなた何かしてた?」

卡魯娜:

「欵?你有做什麼嗎?」

ライン:

「おいおい、そりゃ無いぜ!」

萊因:

「喂喂,不是這樣的吧!」

シュルク:

「あはははは!あはは!」

修爾克:

「啊哈哈哈哈!啊哈哈!」

 


 
シュルクxラインxメリア修爾克x萊因x梅莉雅

シュルク:

「メリア、疲れてない?」

修爾克:

「梅莉雅,覺得累了嗎?」

メリア:

「ああ、私は大丈夫だがラインのほうが
ぐったりしているようだぞ」

梅莉雅:

「啊啊,我是沒問題,
倒是萊因似乎已經筋疲力竭了的樣子呢。」

ライン:

「わりぃ、俺寝不足でだりぃんだよ、ちょっと休もうぜ」

萊因:

「不好意思,我睡眠不足啦,稍微休息一下吧。」

シュルク:

「ちょっと、しっかりしてよねライン」

修爾克:

「真是的,打起精神來啊萊因。」

 


シュルク・
xラインxリキ修爾克x萊因x利奇

リキ:

「お供のふたり、よくがんばったも!」

利奇:

「兩名跟班,幹得挺不錯的哞!」

ライン:

「ったく、誰がお供だっつーの!」

萊因:

「真是的,說誰是跟班─啊。」

リキ:

「お前たち以外に誰がいるも!?」

利奇:

「除了你們之外還會有誰呢!?」

ライン:

「くそっ! コイツっ!」

萊因:

「可惡!你這傢伙!」

シュルク:

「ラインはほんと、気が短いんだから」

修爾克:

「萊因還是一樣那麼容易就發脾氣呢。」

 


シュルク
xダンバンxカルナ修爾克x丹邦x卡魯娜

シュルク:

「カルナ、ぼくにも銃の撃ち方教えてよ!」

修爾克:

「卡魯娜,也教教我槍的射擊技巧吧!」

ダンバン:

「ほう、では剣には飽きたと?そういうことか」

丹邦:

「喔,意思是劍已經用膩了嗎?」

シュルク:

「い、いえ、違いますよ。ダンバンさん」

修爾克:

「不、不是這樣的啦。丹邦先生。」

カルナ:

「ダンバン、その辺で許してあげたら?」

卡魯娜:

「丹邦,你就饒了他吧?」

 


シュルク
xダンバンxメリア修爾克X丹邦x梅莉雅

シュルク:

「メリア、今度僕にもエーテルの使い方を教えてよ!」

修爾克:

「梅莉雅,這次也教教我乙太的使用方法吧!」

ダンバン:

「ほう、では剣には飽きたと?そういうことか」

丹邦:

「喔,意思是說已經用膩劍囉?」

シュルク:

「い、いえ、違いますよ。ダンバンさん」

修爾克:

「不、不是這樣的啦。丹邦先生。」

メリア:

「そなたたち・・・」

梅莉雅:

「你們兩個

 


シュルク
xダンバンxリキ修爾克x丹邦x利奇

ダンバン:

「ノポンの勇者リキ殿、お怪我はありませんかな?」

丹邦:

「諾布族的勇者利奇閣下,請問您是否受了傷呢?」

リキ:

「うむ。苦しゅうないも!」

利奇:

「嗯哼。這種小傷何足道哉哞!」

シュルク:

「何してるんですかダンバンさん

修爾克:

「你在做什麼呀丹邦先生

 


シュルク
xカルナxメリア修爾克x卡魯娜x梅莉雅

メリア:

「カルナ、そなたの腕前、相当の物だな!」

梅莉雅:

「卡魯娜,妳的技巧,真的是非同凡響呢!」

シュルク:

「ほんと、すごいよ!」

修爾克:

「真的,太厲害了!」

カルナ:

「全く、おだてても何も出ないわよ」

卡魯娜:

「真是的,再怎麼恭維我也不會給你們什麼好處的喔。」

 


シュルク
xカルナxリキ修爾克x卡魯娜x利奇

リキ:

「リキ、ほんとは銃の腕も一流なんだも!」

利奇:

「利奇,其實用槍的技術也是一流的哞!」

カルナ:

「へえ、じゃあ次はリキに撃ってもらおうかしら」

卡魯娜:

「嘿,那不然下次就改讓利奇來射擊吧。」

リキ:

「あー、うーん、えーっとあはははは」

利奇:

「啊─,嗯─,這─個嘛啊哈哈哈哈」

シュルク:

「カルナ、その辺で許してあげなよ!」

修爾克:

「卡魯娜,你就饒了他吧!」

 


シュルク
xメリアxリキ修爾克x梅莉雅x利奇 

リキ:

「メリアちゃん!リキ頑張ったも!褒めて褒めて~」

利奇:

「梅莉雅醬!利奇很努力哞!稱讚我稱讚我~」

メリア:

「おーよしよし。よくできまちたね~」

梅莉雅:

「喔~好好好。你真的做得很棒呢~」

シュルク:

「メリア・・・なんか雰囲気がいつもと違って・・・怖い」

修爾克:

梅莉雅感覺跟平常不太一樣有點恐怖。」

 


フィオルン
xラインxダンバン菲歐倫x萊因x丹邦

ダンバン:

「大丈夫か、フィオルン」

丹邦:

「沒事嗎,菲歐倫。」

フィオルン:

「ええ、私は大丈夫よ、お兄ちゃん」

菲歐倫:

「恩恩,我沒事的,哥哥。」

ライン:

「俺も大丈夫だぜ、ダンバン」

萊因:

「我也沒事唷,丹邦。」

ダンバン:

「お前には聞いていない」

丹邦:

「我可沒問你。」

ライン:

「あ、急にお腹が・・・イテテテ」

萊因:

「啊,肚子突然間好痛痛痛。」

フィオルン:

「ほーら、馬鹿な事言ってないで、さっさと行くわよ」

菲歐倫:

「好了好了,別儘說些蠢話,趕緊上路吧。」

 


フィオルン
xラインxカルナ菲歐倫x萊因x卡魯娜

ライン:

「これぞ面目削除ってか?」

萊因:

「這樣就算名符去死了吧?」

カルナ:

「それを言うなら面目躍如!」

卡魯娜:

「你要說的應該是名符其實才對!」

フィオルン:

「削除してどうするのよ

菲歐倫:

「若真的死了的話該怎麼辦啊

 


フィオルン
xラインxメリア菲歐倫x萊因x梅莉雅

ライン:

「みんな怪我はないか!」

萊因:

「大家都沒受傷吧!」

フィオルン:

「ラインがみんなを気遣うなんて、熱でもあるんじゃない?」

菲歐倫:

「萊因竟然會為大家操心,不會是發燒了吧?」

メリア:

「うむ実に珍しい ここに記念碑でも建てねばなるまい」

梅莉雅:

「嗯實在是太難得了,得要在這裡立座記念碑才行。」

ライン:

「俺ってどんな扱いなんだよー」

萊因:

「你們到底是怎麼看待我的啊

 


フィオルン
xラインxリキ菲歐倫x萊因x利奇

リキ:

「フィオルンおつかれさまだも」

利奇:

「菲歐倫辛苦了哞。」

フィオルン:

「うふふふ、お疲れ様 リキ」

菲歐倫:

「嗯呵呵呵,你也辛苦了,利奇。」

ライン:

「俺にはねぎらいの言葉はないのかよぉ」

萊因:

「怎麼都沒有慰勞我一下啊。」

リキ:

「ラインは怠けてたから特にないも」

利奇:

「萊因都在偷懶,沒什麼好跟你說的哞。」

ライン:

「少なくともお前よりは頑張ってたよ」

萊因:

「不管怎樣都比你要來得努力啦。」

フィオルン:

「もう、お子様なんだから!」

菲歐倫:

「真是的,像小孩子一樣!」

 


フィオルン
xダンバンxカルナ菲歐倫x丹邦x卡魯娜

ダンバン:

「フィオルン、無理はするなよ」

丹邦:

「菲歐倫,不要太勉強喔。」

フィオルン:

お兄ちゃんもね

菲歐倫:

「哥哥也是呢。」

カルナ:

「正に、兄弟愛よね。ジュジュ、元気にしているかしら」

卡魯娜:

「真的是友愛的兄妹啊。喬喬,不知道過得好不好呢。」

 


フィオルン
xダンバンxメリア菲歐倫x丹邦x梅莉雅

メリア:

「ホムス、ハイエンター、機神兵……
共に戦う日が来ようとはな

梅莉雅:

「霍姆斯族、海茵特族、機神兵……
一起共同戰鬥的日子似乎到來了啊

ダンバン:

「俺たちが力を一つにすれば、勝てぬ者などいるまい!」

丹邦:

「我們大家若是同心協力,就沒有戰勝不了的對手!」

フィオルン:

「私も戦うわ!力の限り!」

菲歐倫:

「我也要一起戰鬥!盡我所能!」

 


フィオルン
xダンバンxリキ菲歐倫x丹邦x利奇

リキ:

「リキも勇者らしくなってきたかも」

利奇:

「利奇是不是已經有勇者的樣子了哞?」

ダンバン:

「ああ、もう立派な勇者だ」

丹邦:

「啊啊,已經是一名出色的勇者了喔。」

リキ:

「ホントーっ!?うれしいも~!」

利奇:

「真的嗎!?好高興哞~!」

フィオルン:

「うふふっ、よかったわね、リキ」

菲歐倫:

「嗯呵呵,真是太好了,利奇。」

 


フィオルン
xメリアxリキ菲歐倫x梅莉雅x利奇

メリア:

「小さい身体で頑張るものよな、リキ」

梅莉雅:

「雖然個子小小卻很努力呢,利奇。」

リキ:

「メリアちゃんとフィオルンは、勇者リキがお守りするも」

利奇:

「梅莉雅醬跟菲歐倫,就由我勇者利奇來守護哞。」

フィオルン:

「うふふ 頼りにしてるわよ」

菲歐倫:

「唔呵呵,真是可靠呢。」

 


ライン
xダンバンxカルナ萊因x丹邦x卡魯娜

ライン:

「どうっすか?俺の動き」

萊因:

「如何啊?我的動作。」

ダンバン:

まだまだだな

丹邦:

「還差得遠呢。」

カルナ:

まだまだね

卡魯娜:

「還差得遠呢。」

ライン:

「ちっ、ちっくしょー!」

萊因:

「可、可惡!」

 


ライン
xダンバンxメリア萊因x丹邦x梅莉雅

ライン:

「天下無敵のライン様とは、俺のことだぜ!」

萊因:

「天下無敵的萊因大人,就是指本大爺啦!」

メリア:

「ダンバン、突っ込んだ方が良いと思うか?」

梅莉雅:

「丹邦,你覺得應該要吐槽他嗎?」

ダンバン:

「いや捨て置こう」

丹邦:

「算了隨他高興吧。」

 


ライン
xダンバンxリキ萊因x丹邦x利奇

ライン:

「『一刀瓢箪』だぜ!」

萊因:

「『一刀瓢簞』啊!」

リキ:

「それを言うなら『いっとーりょうだん』だも」

利奇:

「你想說的應該是"一刀兩斷"吧。」

ダンバン:

「ライン── お前──!」

丹邦:

「萊因──你啊──!」

 


ライン
xカルナxメリア萊因x卡魯娜x梅莉雅

ライン:

「『両手に墓』ってのはこのことだな!」

萊因:

「『兩手捧墓』就是指像我這樣嗎!」

カルナ:

「はは、さすがにこれは聞き流すわけにはいかないかなぁ」

卡魯娜:

「哈哈,這話我可不能當作是耳邊風呢。」

メリア:

「頭だ!頭を狙え、カルナ!」

梅莉雅:

「頭!瞄準他的頭,卡魯娜!」

ライン:

「あ、あぶねえ!俺なんか悪い事言ったか?」

萊因:

「啊,好險!難道我說錯什麼了嗎?」

「両手に花」を勘違いしたのだと思われます。

萊因誤將「兩手捧花」(同中文的左擁右抱)成語說成「兩手捧墓」。

 


ライン
xカルナxリキ萊因x卡魯娜x利奇

ライン:

「今回は、『よろいそでひとさわり』ってとこだな!」

萊因:

「這次,還真是所謂的『不克一起』啊!」

カルナ:

「それを言うなら鎧袖一触でしょ。
 無理やり訓読みしない!」

卡魯娜:

「你想說的是不『不堪一擊』吧。
 不要再勉強自己說成語了!」

リキ:

「そうそう、アイシュウヨロシクなんだも

利奇:

「沒錯沒錯,感覺太悲哀了哞

カルナ:

「もっう!誰かどうにかしてぇ~」

卡魯娜:

「真是的!誰嘛來幫幫忙~」

 


ライン
xメリアxリキ萊因x梅莉雅x利奇

メリア:

「リキふわふわのもこもこを、触ってもよいか?」

梅莉雅:

「利奇輕飄飄軟綿綿的,可以摸摸你嗎?」

リキ:

いいよ~

利奇:

「可以唷~」

ライン:

「オレもオレもー!」

萊因:

「我也要我也要!」

リキ:

「ラインはー1モフにつき、おかず1コもらうも!」

利奇:

「萊因的話摸一次要請我吃一道菜才行!」

ライン:

「オレだけ貢ぎ物が必要なのかよー」

萊因:

「只有我得要獻上貢品才行啊─」

 


ダンバン
xカルナxメリア丹邦x卡魯娜x梅莉雅

カルナ:

「ラインとリキが居ないと静かなものね

卡魯娜:

「萊因和利奇不在變得好安靜呢

ダンバン:

「そうだな、しばらくこの布陣で行くとしよう」

丹邦:

「說得沒錯呢,那就暫時照這個布陣前進吧。」

メリア:

「ふふっホムスの英雄は意地が悪いのだな?」

梅莉雅:

「呵呵,霍姆斯的英雄還真壞心呢。」

 


ダンバン
xカルナxリキ丹邦x卡魯娜x利奇

リキ:

「勇者リキと英雄ダンバンがいれば、カルナも安全だも!」

利奇:

「只要有勇者利奇跟英雄丹邦在,卡魯娜就安全了哞!」

ダンバン:

フッそうだな

丹邦:

「嗯確實如此呢。」

カルナ:

「頼りにしてるわよ、ダンバン!」

卡魯娜:

「那就拜託你囉,丹邦!」

リキ:

「えぇリキは!?」

利奇:

那利奇呢!?

 


ダンバン
xメリアxリキ丹邦x梅莉雅x利奇

ダンバン:

「いい感じのもこもこだな」

丹邦:

「感覺應該是很棒的毛絨絨觸感吧。」

メリア:

「ああ、いつにもまして、ふわふわだ」

梅莉雅:

「啊啊,一直以來都是這麼輕飄飄的呢。」

リキ:

「二人とも、リキを見る目が怖いも・・・」

利奇:

「你們兩個,看著利奇的眼神好恐怖

 


カルナ
xメリアxリキ卡魯娜x梅莉雅x利奇

リキ:

「リキの嫁が、メリアちゃんだったら良かったのに~」

利奇:

「利奇的老婆,如果是梅莉雅醬的話不知道該有多好~

メリア:

「カルナでは駄目なのか?」

梅莉雅:

「卡魯娜就不行嗎?」

リキ:

「カルナはオカ(リキの嫁)と同じ感じだからダメだも!」

利奇:

「卡魯娜跟歐卡(利奇的老婆)感覺一樣所以不行!」

カルナ:

あのねえ

卡魯娜:

「我說啊

, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()