01


KOF XI
ライバルチームチームストーリー


KOF XI
競敵隊 背景故事

「手をあげろ!」
小さな銀行の待合室で、銃を持った男が叫んだ。
数人の村人があっけに取られたあとで両手を上げ、金髪の日本人と黒髪の青年はお互いに目くばせした後、それに従った。
(いいのか?二階堂)
(片付けるのは簡単だが……散弾銃だ、隙を見せるまで待つさ)

「把手舉起來!」
小銀行的接待室中,持槍男子大聲咆哮著。
數名村人一時愣在那裡,當明白發生了什麼事之後便舉起了雙手,而金髮日本人與黑髮青年在眼神交流之後也依了對方。
(這樣子好嗎?二階堂。)
(收拾他們是很簡單……不過那可是散彈槍呢,待有機可趁時再動手吧。)

フランス南部。人口数千人の小さな町。
ある人物に会うため、ここを訪れた二階堂紅丸とデュオロンは、ひとまず無力を装って、素直に両手を頭の上に上げた。
いつもの紅丸なら、やらなくてもいい演出付きで華麗に強盗をのしてしまうところなのだが、残念ながら銀行内に五十歳以下の女性の姿がない。

法國南部。人口數千人的小城鎮。
為了與某人會晤而造訪此處的二階堂紅丸和墮瓏,還是先裝作手無縛雞之力,老實地將雙手高舉過頭。
若是平時的紅丸,即便不動真格也能附帶演出、華麗地將強盜給撂倒,可惜的是銀行內沒見到五十歲以下女性的身影。

町は典型的なフランスの小規模農村で、中央部に教会と小さな商店が連なっている。
牧畜も盛んで、町中でも牛や馬の姿をよく見かけた。
銀行といっても行員は4人しかおらず、建物も年代物で、物々しい感じはしない。
客も紅丸とデュオロンと、そしておそらく銀行強盗だけがよそ者であって、他はみな土地の者ばかりだ。

城鎮是典型的法國小規模農村,在鎮中央教會和小商店串連著。
畜牧業興盛,即便在城鎮當中也能經常瞧見牛隻馬匹出沒。
雖說是銀行,行員也不過4個人,建築物也已經是年代物了,完全不讓人感到戒備森嚴。
造訪者也就只有紅丸和墮瓏,而恐怕這夥銀行強盜是外地人,其他的則全部都是當地人。

アッシュ・クリムゾンに関わり深い『ある人物』に招かれでもしなければ、彼らがこの地に足を踏み入れることなどなかっただろう。道を尋ねに立ち寄った田舎の銀行で強盗に出くわしたのは不運だったが、彼らにとって大して困難な局面とは呼べない。

若不是可能見到『某位』與亞修.克里森關係匪淺的人物,他們倆大概一輩子都不會踏足這片土地吧。雖然為了問路而來到這邊鄉間銀行而遇上強盜出沒是不怎麼走運,然而對他們而言,也算不上什麼大不了的困難局面。

「手、手を頭の後ろで組んで地面に、ふ、伏せろ!早く!」
強盗は明らかに狼狽していた。目出し帽の下の唇は細かく震え、銃口が絶えず上下左右にふらついている。
銀行内では悲鳴を上げるものもなく、不思議な静寂の中で物事が進行してゆく。
銀行らしからぬアットホームな木製の窓から外を眺めると、藁を満載した軽トラックや牛がそこを横切っていった。

「手、把手背在頭後給我趴、趴在地上!動作快!」
強盜的模樣明顯十分狼狽。只露出口鼻的頭套下嘴唇微顫、槍口也止不住上下左右地晃動著。
銀行內連一聲悲鳴也沒發出,一切都在不可思議的寂靜當中進行著。
由不似銀行風格的居家式木製窗戶朝外眺望,滿載著麥桿的輕卡車和牛隻正橫穿過路。

南仏の日差しは冬でも柔らかく、窓ひとつ隔てた「こちら側」で張りつめた空気を吸っているのが馬鹿馬鹿しく感じられる。
(さて、どうするか……)
デュオロンと共に不格好に床に伏せつつ、紅丸は落ち着いているどころか、そのような異国情緒を楽しむ余裕すらあった。
銀行強盗に人質に取られながら、同時に窓外の牧歌的な雰囲気を満喫できる人間など、そうはいない。

南法的陽光即便在冬季也是十分柔和,讓人感到待在僅隔著一扇窗戶的「這一側」,緊張地吸著叫人窒息的空氣就像是傻瓜一般。
(接下來,該怎麼辦呢……)
與墮瓏一起難看地趴在地板上的紅丸心情平靜,且竟仍保有能享受這般異國情調的餘裕。
可沒有人能在被銀行強盜當作人質的同時,尚能玩味窗外的牧歌氛圍的。

(……)
(どうした、二階堂)
(……馬だ)
(馬?)

(……
(怎麼了,二階堂)
(……是馬)
(馬?)

その窓一杯に、白い馬が横切った。
(……馬だろ?)
(……馬だな)

佔住整個窗戶,潔白的駿馬橫切過去。
(……是馬對吧?)
(……的確是馬。)

白馬の背には鞭が置かれ、女性がひとり騎乗していた。
その顔の位置は高かったが、床に転がっている紅丸とデュオロンとは、角度の関係でちょうど目線が合う。
彼女は背筋を伸ばし、軽く手綱を取り、乗馬鞭を手にしていた。
髪は短くまとめられ、口元は引き締まり、いかにも高貴な雰囲気を醸し出している。
なかなかの美人ではあったが、紅丸は不本意だった。何しろこちらは銀行強盗に脅されて、ひ弱にも床にゴロリと横になり、言われるがままの姿である。

白馬的背上置放了馬鞭,一名女性騎乘於上。
雖然她的容貌位置較高,但趴在地板紅丸和墮瓏,因為角度的關係,所以剛好能夠視線相交。
女人的身形英挺,一手輕握著疆繩,另一手則執著乘馬鞭。
俏髮俐落,嘴唇緊抿,渾身散發出一股無上高貴的氣息。
雖然是一個標緻的美人,但紅丸卻是相當無奈。誰叫他們現在被銀行強盜給脅迫,軟弱地依照吩咐乖乖地橫躺在地呢。

数瞬置いて発せられた声は、人質となった村人のものである。
「ブラントルシュのお嬢様じゃ」
「エリザベート様じゃ」
声の響きに「もう大丈夫だ」という気持ちがあったのは事実だが、どちらかというと銀行強盗の方に哀れみを感じている気配もないではない。
「こ、このアマ!この銃が目に入らねぇってのか?」

頓了一下下,首先發話的是一位也是人質的村人。
「是布蘭特爾休家的大小姐。」
「是伊莉莎白小姐。」
由發話者的語氣聽來,雖然可以感到「已經沒事了」的口氣,但似乎也有對強盜一夥感到同情的成分在。
「這、這個臭婊子!是沒有把這把槍放在眼裡是嗎?」

 

※ ※

 

「まだ目がチカチカするぜ。大丈夫か、デュオロン」
「ああ」

「還一直忍不住想眨眼呢。你沒事吧,墮瓏。」
「嗯嗯。」

あっという間に強盗は取り押さえられた。
どんな手段を用いたのか、エリザベートと呼ばれた女性の手元から強烈な閃光が発せられ、強盗もそうでない者も、一様に目が眩んで立ち往生することになった。
ようやく周囲が見渡せるようになると、既に縛り上げられた強盗が床に転がされてもがいている。
駆けつけた警察に強盗の身柄を引き渡すと、ひとまず紅丸たちも解放された。
事情聴取等は順次行われているが、事件に入り組んだ謎があるわけでもなし、手続き自体は大したものにはなりそうもなかった。

沒兩下子強盜就束手就擒了。
不知道使用了什麼手法,被稱作伊莉莎白的女性手中發出了強烈的閃光,無論是強盜或者是其他人,同樣都因為目眩神迷而動彈不得。
當終於又能夠看清楚周遭時,強盜們早已被五花大綁丟在地上了。
驅馳趕到的警察將強盜收押,隨後將紅丸等人給鬆綁。
雖然仍是照慣例進行案情了解,不過因為事件本身並沒有什麼謎團,看來手續上是沒有什麼大不了的了。

その紅丸の前に、先ほどエリザベートと呼ばれた女性が立った。
馬上と同じく背筋が伸び、背も高い。
紅丸は自分で名乗り、デュオロンを紹介した後、いつものようにおどけた口調で続けた。
「ま、強盗を捕まえるためだから仕方ないとはいえ、済まなかったの一言くらい掛けて欲しいもんだよな」
「文句があるのなら」
エリザベートは毅然として言い放った。文句があるのなら、地面に這いつくばって小さくなる前に、立ち上がって拳を振るって見せてはどうなのかと。

而站在紅丸身前的,是剛剛被喚作伊莉莎白的女性。
與騎著馬時一樣英挺,個子也高挑。
紅丸自己先報上名號,並介紹了墮瓏後,以平日般半開玩笑的口吻繼續道。
「這個嘛,雖說是為了逮捕強盜也是情有可原,但還是希望妳好歹也先知會一聲嘛。」
「若有什麼意見的話。」
伊莉莎白毅然地說道。就像是在說若是有意見的話,何不在趴在地上龜縮成一團前,就站起來揮拳看看啊。

「おいおいそりゃないぜ?俺たちは人質の安全を考えて慎重にだな」
「口だけなら何とでも言えます」
エリザベートは、ぴしゃりと紅丸の発言を制した。
「ではごきげんよう、デュオロンと二階堂紅丸。せっかく訪ねて来て頂きましたが、ブラントルシュ家は臆病者と組む手など持ち合わせてはおりません。話は終わりです」

「喂喂,話不是這麼說的吧?我們可是為了人質的安全考量才想慎重一點罷了。」
「只出一張嘴的話隨你怎麼說。」
伊莉莎白正言厲色地制止了紅丸的發言。
「那麼敬祝貴安,墮瓏和二階堂紅丸。雖然特意來訪,但布蘭特爾休家是不會與膽小鬼聯手的。談話到此為止。」

言うが早いか体を180度返すと、まっすぐその場を立ち去ろうとした。
紅丸は小さく口笛を吹いた。
「人をフランスくんだりまで呼びつけておいて、こりゃまた気位の高い……。しかし、そういう女も、またいいってもんだぜ」
「待ってもらおう」
デュオロンが足早に去るエリザベートの背中に声をかけた。
極端に無口な彼にしては珍しい行動である。

話還沒說說便已經180度回過身去,直接就打算離開。
紅丸輕吹了聲口哨。
「叫人到法國來,還這麼心高氣傲……。不過,這種女人也很不錯呢。」
「等一下。」
墮瓏向著快步離去的伊莉莎白後背說道。
對極端少話的他來說,實在是相當稀罕的行動。

「アッシュ・クリムゾンは、神楽ちづるの……八咫の力を手に入れた」
エリザベートの足が止まった。
「……」
「やはり知っていたな」
「あなたこそ、よく調べたものです。さすがは飛賊の生き残り……といったところね」
「……」
「一族の長『龍』によって、飛賊の集落は壊滅したと聞いていましたが、それにしても……」
そこへ紅丸が割り込んだ。

「亞修.克里森……已經取得了神樂千鶴的八咫之力了。
伊莉莎白停下了腳步。
「……」
「妳果然已經知道了呢。」
「你們也是,調查得相當清楚嘛。該說……不愧是飛賊的倖存者吧。」
「……」
「雖然聽說因為一族之長的『龍』,飛賊集落已經壞滅了,但即使如此……」
此時紅丸插話進來。

「今度は俺が聞く番だ。草薙、八神、ムカイにオロチ、この辺の固有名詞に聞き覚えがあるだろう?俺たちは去年のKOFの当事者だ。アンタの知らないことも知っている」
「……わかりました、話を伺いましょう」
「元々そっちから打診してきたことだが、KOFでチームを組んでもらえるのかい?」
「聞いてから決めます。爺!」
これまで銀行の外で馬の手綱を預かっていた老人が、畏まって近づいてきた。

「接下來換我發問了。草薙、八神、無界和大蛇,這些專有名詞妳應該也都聽說過了吧?我們是去年KOF的當事人。連妳所不知道的事情也一清二楚。」
「……我明白了,就聽聽你怎麼說吧。」
「雖說本來就是由妳那邊先來向我們打探的,要不要跟我們一起組隊參加KOF呢?」
「那要在聽過你的說詞後才能決定。爺爺!」
一直守候在銀行外、牽著駿馬疆繩的老人,畢恭畢敬地上前。

「先に帰っていますから、この者たちを屋敷まで案内しなさい」
「承知しました」
「では後ほど。……ハァッ!」
言うが早いか白馬に跨り、一鞭くれると疾風のように駆け出した。
二十一世紀とは思えない風景である。

「我先回去了,麻煩帶這幾位到宅邸來。」
「我明白了。
「那麼回頭見。……哈!」
話語未落,已經跨坐上白馬,一鞭之後便如疾風般離開了。
還真難以想像這是二十一世紀會見到的光景。

「元々、物言いのきつい方なのです。お気を悪くなさいませんように」
爺と呼ばれた老人がエリザベートに代わり、そういって頭を下げた。
手には手綱の先が2つ握られている。その先には当然、2頭の馬が繋がれていた。
「この先の峠を越えたところにある屋敷がそうです。なに、道は馬が覚えております。さ、どうぞ」
どうぞと勧められた紅丸とデュオロンは、美しい体躯の二頭の馬を改めて見上げた。

「蔽家小姐原本措詞就頗為嚴厲。請不要放在心上。」
被稱作爺爺的老人代替伊莉莎白,向兩人致歉。
他的手上握了2副疆繩。而繩子的另一端則當然繫在2匹馬上。
「得越過一座山頭才能抵達宅邸所在。不用擔心,馬認得路。來,請。」
受到勸誘的紅丸和墮瓏,再次抬頭仰望兩匹體態優美的馬兒。

「馬だ」
「……馬だな」
二人がブラントルシュ家の屋敷に馬と共に歩いてたどり着いたのは、日が暮れてからのことであった。

「是馬。」
「……確實是馬。」
當兩人牽著馬好不容易抵達布蘭特爾休家宅邸,已經是日暮西沈的時候了。

, , , , , , , , , , ,

karasless 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • 10
  • 紅丸初次與女性組隊的處女秀~~~~~不過很狼狽~~~~~

    至於紅丸跟墮瓏搭上~~~~有可能是2000年時紅丸等人遭遇到飛賊領袖龍的關係~
    墮瓏也在找他父親~~~~

    而與紅丸組隊過的另一個飛賊~麟~~~則是墮瓏同父異母的妹妹笑龍的武術師傅~